大野智と嵐が大好きです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
30回目のおめでとう
 ああっ、日付が変わっちゃう…!
 とにもかくにも、翔ちゃんお誕生日おめでとうー!

 翔ちゃんもついにみそにぃですね。福岡のT.A.B.O.O余興とやらのレポを読んでは腹筋を鍛えています。嵐って素敵。

 今日はSPドラマも発表になりまして。今年も翔ちゃんは一年中フル回転なんだろうなぁ…。オリンピックもあるし(って決めつけてますけど)。
 本人が忙しくしてたいって人なんだから、きっとそんな日々も精力的に乗り切ってくれるんでしょう。私はただとにかく健康をお祈りしておりますよ。


 で、そんな翔ちゃんのお誕生日を祝っている月刊のジョンさん、昨日買ってきております〜。
 ドレッシングにきゃきゃしてる大野さんと翔ちゃんのかわゆいことよ。
 二人揃って腹筋の筋肉痛ってのが笑える。

 ところでこのページのちょっと前に加藤くんのインタビューも載っていました。加藤成亮くん改め加藤シゲアキくん。(ところでいま、お名前一発変換した!!)(前に入力したことあったっけ!?)
 小説を上梓されるとのことで。インタビューの中に大野さんのお名前が出てきてます。小説を書き上げたことには大野さんの影響が少なからずある、と。
 大野さん、後輩くんがこうやって思ってくれること、嬉しいんじゃないかなぁ。だってあの個展、やればできるよ! って、そういうメッセージのためだったんだもんね。


JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
29回目のおめでとうの日に
 というわけで(↓参照)気を落ち着けまして。
 改めまして書かせていただきましょう。

 翔ちゃん、お誕生日おめでとうございます!


 私、ファンじゃない人に「どこが好きなのか」を語るのなら、大野さんについてより翔ちゃんについてのほうが語りやすい気がする。
 大野さんはねぇ、ほら、愛が暑苦しすぎてキモチワルイ感じになりそうだから(笑)どうしてもセーブしてしまうのね。でも翔ちゃんについては、多少は客観的に語れると思うのです。

 思い入れの差…と言われてしまうと反論できないんですけど。
 翔ちゃんのインタビューなんかを読んでいると、同じ社会人として、生活者として、いまこの時代に生きている同世代の人間として、身近に感じるのですよね。その上で、翔ちゃんは素敵。翔ちゃん大好き、と思う。だからそう、自分の知り合いを褒めるかのごとく人に語れるわけです。

 翔ちゃんと相葉ちゃんって年はひとつしか違わない…上に、翔ちゃんが早生まれだから生まれ年は同じなはずなのに、嵐で年上・年下って分けると翔ちゃんと相葉ちゃんのところで分かれますよね。
 ジュニア時代のユニットやなんかの名残なんでしょうけど、でもその時代を知らない私から見てもなぜか「同世代」と感じるのは翔ちゃんまでです。私の個人的な価値観や、相葉ちゃんのキャラクターによるところが大きいでしょうが、相葉ちゃんと末の二人はひとつ下の世代という感じがするわけで。そういう要因が絡まりあって、翔ちゃんは身近な価値観で語れてしまう気がするんだよなぁ。


 実際には翔ちゃんは遠い世界の人です。
 あんなかっこいい人と知り合いになれるようなことはない。
 でも身近に感じてしまうんです。そして、あんなにかっこいい人なのに身近に感じられてしまうということが、好きだなぁって思う。


 翔ちゃん、29歳ですね。
 いよいよ20代最後の年です。
 翔ちゃんの29歳に、喜びと安らぎがたくたんたくさん訪れますように。
 遠い場所から、及ばずながら、祈っております。

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 21:54 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
翔ちゃん、おめでとう
 櫻井翔さん、お誕生日おめでとうございますーー!


 あんなにかっこいいのに、あんなに素敵なのに、おバカもできる翔ちゃん。
 ちょっとかっこ悪いところも恥ずかしがったりせず見せてくれるのは、きっと根っこのところに揺るがない「櫻井翔」がいて、そこがしっかりしてる限りはほんとうに恥ずかしいことなんかない、って思ってるからなんだろうなぁって勝手に想像しています。そこが何よりかっこいい。ヘタレな姿がかっこよさの証しだと思える貴重なお人です(笑)。
 これから始まる翔ちゃんの28歳の1年が、実り多い、幸せに満ちたものでありますように!

 an・anは、実は見ておりません。
 いや、タイミングを逃したらもうどこにも売ってなかったんだ………。重版がかかるっていうから、また出てくるかな? と思って呑気に構えてます。テレビで話題になってるのは見たから、まぁどんなものかは知ってるんですけどね。

 仕事大好きな翔ちゃん、睡眠時間はどうしようもならんかも知れんけど、ご飯はいっぱい食べるんだよー。人間、食べれてれば何とかなるもんだからさ。
 あと、これからも大野さんに話を振ってあげてね(笑)。よろしく!


 はってさて思いつく限りのお祝いの言葉を並べ連ねたいのは山々ですが、わたくし明日がちょいと早いので、今日はもう休みます〜。明日も静岡なんだぜ。しかも先週よりも遠いんだぜ。

 ちょっとお仕事のスケジュールがもきゅもきゅしてきました。コンサートのレポも今週末までずれ込みそうな予感。まぁ、一番の問題は、私の記憶がどこまで保持されるのかだけどな!

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 23:27 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
聴く「おくのほそ道」
 CHALLENGE★week中の深夜に関東で放送されていた傑作選をいつものごとくSさんにダビングして送っていただいたんですが(いつもいつもありがとうございます)、それと一緒に「櫻井翔の『おくのほそ道』」が送られてきました。

 翔ちゃんの低い落ち着いた声が好きなものですから、きっと素敵な放送だったろうな〜と思っていたんです。会報にもロケの話が載ってて、いいなぁと思っていたところだったんで、聴けて嬉しい。

 想像以上に素敵でした!
 低い声が耳に心地いいのと、息遣いまでそのまま聞こえてくるのが何だかセクシー。芭蕉の俳句を読むにはちょっとばかし色気がありすぎるような気もしますけれども。

 そして、朗読はやはり有名どころを抜粋しているのですね。冒頭や平泉のあたりは古典の授業で暗記させられましたよね〜。なつかしい〜。
 今の学生さんも「おくのほそ道」を習うのかしら。だったらこれ、教材に使えそうじゃないですか。つか私が先生だったら間違いなく使うね。

 あと個人的に最上川の舟歌にテンションが上がりました。あれをもとに作られた合唱曲がありまして、それが大好きなものですから、オリジナルの舟歌も聴いてみたいと思っていたのです。その願いが叶いましたよ。


 会報のロケ話もおもしろかったですね。
 立石寺って聞き覚えがあるけどどこだっけ、と一瞬考えた後でそこが山寺の正式名称だったと思い出す。ああ、そうだそうだ、「閑かさや」の句があるもんな。
 翔ちゃん、山寺行ったんですね〜。でも一番上のお堂までは行かなかったって…。今度はぜひ一番上まで行ってください。山寺は一番上まで行ってこそだと思います。あの気が遠くなるような石段でな!
 …私はここにヒールの高いブーツで行きましたよ…。いや、仕方がないんだ。うちを出た時点では山寺に行く予定ではなかったものだから…。
 当たり前のことですけど、山寺にはぺったんこの靴で行きましょうね!


 で、翔ちゃんの朗読といえば「人間失格」。
 これやると発表になったときに、朗読は聴けないけどいい機会だから再読しようと思ったのに自分の本棚にその本がなかった…。若いころに読んだものは図書館の本だったのか自分の本だったのか曖昧なんですよねぇ。
 買ってこようかな、と思いつつ世に本は溢れているのでついつい他の本を手にしてしまっていましたが、今日、本屋に行ったら、新刊コーナーに「人間失格」が! しかも表紙が…イケメン!

 もしかしてと思ったらやっぱり斗真くんでした。映画やるんですもんね。
 か、かっこいいー! 迷わず買ってきた。…昔は映像化に合わせて表紙や帯に俳優が使われてるの絶対に買うもんかとかアホな意地を張ってたのにねぇ…。そのせいで「青の炎」も機会を逸してきたのに、人って変われば変わるもんだわ…。

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
今ならまだ間に合うのか
 なんだ…今週は大野さんじゃないのか…(@Mラバ)(アップの日付は詐称しています)。
 がっくり。ごめんね相葉ちゃん、翔ちゃん。

 まぁ、楽しみは先延ばしということでー。



 エコ特番、翔ちゃんお疲れさまでしたー!
 4時間もの長丁場を付き合いきれるわけもなく、とりあえずテレビをつけながら他ごとをしていて、翔ちゃんの声が聞こえるとたったかたーとテレビの前に馳せ参じていたので、きっと見落としているところがたくさんあると思われる。
 明日からのんびり再生していきますわー。

 いやー、しかし世の中、猫も杓子もエコばっかだね。
 エコって日本語に訳すと何なんだろう。環境保全? でも「環境」も「保全」もそもそも英語の訳語なんでないかな。もっと日本語でうまいこと言えないもんか、と、仕事でエコエコいってる企画書を作ってる時に思ったんですけど、言えないってことは本当に日本人の感覚に根づくのは難しいよなー、と思った次第。
 環境にやさしく、って言葉がすでにおかしくて、「やさしい」ってのは同等か目下のものを労るってことなんだから、自然みたいな格上の存在に「やさしくしよう」とか思うのは、ほしいままに環境を破壊してきたのと同根の思想なんでないかい? と思うのですがね。

 もちろん自然破壊を止めなければというのは思うんですけどね。私はド田舎の山と川で遊んで育ったので、コンクリで護岸工事された小川とか見ると悲しくなります。おばあちゃんがわたしのおむつを洗ってくれたという小川にも、もう降りていけなくなってしまったよ…。(お前はいつの時代の人間だ!?)
 ぶつぶつ文句言ってないで、自分に何が出来るかだよなー、うん。


 まぁ、そんなことはおいといて。
 もちろんこれは聴きました、テレビ初披露のGreen!
 ここだけさっさとチャプター打ってリピってます。大野さんの声が聞けるとなれば行動が早いのですよ。
 コンサートで聞いた時は長い歌だな〜と思った記憶があるから、これ、フルではなかったんだと思いますけど、でも各メンのソロがしっかり流れたから大満足です。コンサートでは、大野さんのソロで始まる前に、大野さんによるGreenの説明があったんですよねぇ。しかもそれが、ちょうど私の席の真っ正面だったという奇跡が起きていたのでこの曲のことはよく覚えているという。
 大野さんが目の前で歌っているー! 私のために(幸せすぎる錯覚)歌っているー!  と陶酔しながら聴いていたのでした。

 歌詞も好きですよ。義務感や使命感ではなく、環境破壊を悲しんでいる歌だから素直に聞けます。こんな詩を作る嵐さんたちはやっぱり素敵、と思った曲でした。

JUGEMテーマ:
Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!
 今日、お客さんのところへ向かっている車中でのこと。
 信号待ちで止まっているところへ、隣の車線にどこぞの営業車と思しき車が滑り込んできた。ふと見れば運転手は30代後半くらいのスーツ姿のサラリーマン。その彼が停車するやいなや一冊の本を取り上げて、しおりが挟んである箇所を開いて読み始めたのです。
 おお、熱中していらっしゃる。人が本を読んでいると、何を読んでいるのか気になるのが本読みの性です。私は目を凝らしました。どうやら漫画のようです。しかも…なんか絵面が古いような。
 やがて信号が青に変わってサラリーマンは本を閉じました。今だ! とその手元を注視してみたら―――、表紙に書かれていたタイトルは「パタリロ」。
 …いや、いいんですけどパタリロ。いいんですけど、…そうとうハマっていらっしゃるのですねぇ…。


 ちなみに私は待ちきれずに運転の合間に…とかいう読み方はいたしません。待って待って待ち焦がれていた本ほど、おうちに帰ってその日の用事をすべて終わらして、大事に大事に開くタイプです。その際、酒があればなおよし。


 はってさて、それは置いといて。


 歌のおにいさん、終わっちゃった〜…。
 はぁ…。さすがに魔王のときのような強烈な喪失感がないことだけが救いかな…。
 やっぱり生きてるって素晴らしいよね。今もどこかの世界で、健太がみなうたの仲間や矢野家のあったかい人々に囲まれて、わいわいきゃあきゃあ生きてるんだろうなって、そういう想像ができるのが楽しいよ。
 感想はもうちょい熟成させてから。


 そして土曜日は。
 行ってきました見てきました、ヤッターマン!


 いやもう…ガンちゃんは愛すべきヘタレだね…!(笑)
 翔ちゃんは、もうそのまんま翔ちゃんでした。ガンちゃんというキャラクターは翔ちゃんのためにあるんじゃないかと思うくらいに翔ちゃんだった。そんでもって、それがすごくよかった。翔ちゃんの愛すべきヘタレっぷりが、ガンちゃんというキャラクターに生気を吹き込んでいたと思います。

 しかし見ててきゃっきゃしてしまうのは女性陣の方。特にアイちゃんとドロンジョ様がステキよー!
 アイちゃんはちょうオトコマエ。かわいいんだけど強くてかっこいい。ドロンジョ様はオトメでかわいいです。いや〜、深田恭子さんって、最初はイメージに合わない…と思ってましたけど、あのドロンジョ様はとってもはまってました。

 ドロンジョ様サイドはトンズラーとボヤッキーもよかったよ〜。特にトンズラー、いいやつ。実は男性陣でいちばんオトコマエはトンズラーではないかとすら思いましたです。
 やっぱねぇ、ヤッターマンといえばこの三人組が印象強いんですよ。私も子どものころにヤッターマンを再放送で見ていたくちですが、そのおぼろげな記憶ではガンちゃん、アイちゃんより、ドロンボー一味のほうが覚えてましたからね。
 翔ちゃんが主役だからって下手にガンちゃんを完全無欠のヒーローになんか仕立てられてないで、よかったな〜と思います。

 あと、本当にセットがすごい!
 細かいところまでちゃんと作ってあるのが、あれだけ見ててもおもしろそうです。

 ちなみにご一緒したIさんはヤッターマン大好きだったとかでよく覚えてらっしゃるようですが、細かい動きまでちゃんとオリジナルのヤッターマンをコピーしててよかったと満足しておられました。ほしいよ〜ほしいよ〜ドクロストーン、の振り付けとか、あのあたり。…いやぁ、あれを踊るドロンジョ様はかわゆかったね。

 多少、思春期の少女には厳しいんでないかという下ネタもございましたが、ああこれ本当に大人が金かけて遊んでんだな〜という雰囲気がよーく伝わってまいりました(笑)。


 もう一回くらい、見に行きたいと思います。
 そうそう、私たちが行った回は満席でした。土曜日の昼下がりなんで余計に混雑していたんでしょうけど、本当に老若男女さまざまな人が来ていました。大人気ですね。小さい男の子が歌いながら飛び跳ねてるのなんて、微笑ましい光景でしたよ。


 で、翔ちゃんといえば、連ドラも。
 うわ〜っ、働くな翔さん…!
 どうか、どうか、お体には気をつけてくださいね…。

 ところでこのドラマ、クイズ番組が舞台ってことは、テレビ局でのシーンが中心になるってことよね。…嵐の特別出演ってのは、いかがですか…?
 日テレならやってくれるような気がするんだよ。もちろん第一希望は大野さんですが、日テレだったら相葉ちゃんがあのつなぎを着て廊下で翔ちゃんとすれ違うとか、背後を通りすぎるとか、もう画面端っこに見切れてるのとかでもいい…! ウォーリーを探せ的な、知ってるファンだけが探して楽しむくらいのさり気なさでいいので、やってくんないかな〜と妄想。
 そんな話を、Iさんがお泊まりでいらしていたので延々としていました。毎度毎度、ありがとうございますです。

JUGEMテーマ:

Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
アラシゴトまみれな週末
 Music Loversでようやく60秒のディーラー捕獲に成功いたしました〜! いやっふう!!

 これで15、30、60とコンプリートです。
 CMとしては30秒が一番好きかな〜。60秒はやっぱ長いね。いやいやかわいいけども。んふふふふ…!
 徹夜明けの気だるげな雰囲気も、後輩くんとの気楽なやりとりもステキです。「俺、疲れてんのかなぁ」って目薬を差すその目の…なんとまつげの長いことよ!
 大野さんって意外とまつげ長いですよね。ふさふさしてる。

 そして「母さん」から電話。…大野さんはどこまでいっても母ちゃんネタから離れられないのかッッ。というかやっぱりauの大野さんは絶対どこかに突っ込みたくなるポイントがあるんだな…。
 だって春キャベツってあなた。徹夜も当然の敏腕ディーラーが自炊!? 自炊するのその大野さんは。何を作るの。…これでメニューがキャベツの千切りもっさりどんぶり一杯とかだったらそれはそれで惚れる!

 起きてるよ、子どもじゃないんだから、って。あああ…いつまでもお母さんに子ども扱いされてるディーラーが目に浮かぶ…。実際には世界のマーケットとの闘いで徹夜だったのねぇ。



 と、これが日曜日の話。

 土曜日はわたくし。
 ここに行ってまいりましたー!

でんきの科学館
 でんきの科学館@名古屋

 2月10日(火)〜22日(日)までヤッターマンとのコラボイベントをやっていて、なんと映画の撮影に使われた本物のヤッターワンが展示されていたのです。翔ちゃんが乗ってた実物ですよ〜!!

 ヤッターワンが来ると知って、ひとりでこそっと行ってこようと思っていたんですが、ちょうどお声がかりがありまして、折りよく同行者をゲット。この日が初対面の大野ファン・Bさんとふたりで行ってまいりました。


 しかし…私はヤッターワンをなめていた!
 入館は5時まで(閉館は5時半)とのことなので、Bさんと4時にでんきの科学館前で待ち合わせ(そして初っ端から遅刻をかます)(申し訳ないです…)だったんですが、その時点でヤッターワンとの記念撮影には長蛇の列!
 館内から始まって長く屋外にまで続いている列をたどってたどって最後尾に着いたのに…係のお兄さんに「今日の写真撮影は今並んでいる方で終了なんです」って言われてしまった…。うわぁ、そんな大人気なの…!?

 そんな大々的にイベント告知してるようでもなかったから、もっとひっそりしてると思いきや…。いやいや館内、大混雑でした。いったい何時から記念撮影を締め切っていたのか。しかも、一目で嵐ファンとわかるようなお姉さん方ばかりかと思ってたらそんなことはない、家族連れで大賑わいでした。これはこれで嬉しいですけどね〜。

 まぁここは大人として小さな子に譲る気持ちで…、と記念撮影は諦めて、他にもなにかやってるらしいのでそれだけでも参加しておこうと館内に踏み込んだんですが、これまた大混雑。入場無料の上になかなか子どもの好きそうな展示物がありましたからね〜。もともと家族連れには格好のお出かけ先なのかも。

スタンプラリー
 で、コレがその「他にもなにか」のイベント。スタンプラリーです。館内の各所に設置されたクイズに答えてスタンプを集めると、映画の券が当たる抽選に参加できるよ、と。こりゃやらないわけにはいかんでしょう、ということで子どもに混じってせっせとクイズに答えスタンプを集めました。このスタンプがヤッターマンのロゴだったりしてかわいい。
 で、ゴールの抽選の列に並んだんですが…実は一問、答えを間違えていたことがここで判明。…でも確かにあのとき温度は下ってたと思うんです…!
 これどうなるの、どうなるの!? とBさんとおろおろしてましたが、別にそれはどうでもよかったようで(笑)。普通に抽選に参加できました。
 しかし前後が子どもだらけだったので、抽選ボックスを持ってたお兄さんったらこちらを見もせずに「はい、次の子ー」とのたもうた。「子、じゃなくてすみません…」と言いつつボックスに手を突っ込みました…。
 結果は、まぁ、外れです。大人しくお金を払って見てきます〜。

 そして最後に一階ロビーにいるヤッターワンを、二階から撮る。

ヤッターマン
 一階は記念撮影の人以外は撮っちゃだめってことだったんで、ここから撮るしかなかったのよ。でもまぁ撮れたからよかったわー。
 一番ヤッターワンに接近できたのは下りのエスカレーターです。ちょうど翔ちゃんが乗る側に近くなるので、翔ちゃんの残り香の分子くらいは残っているかもしれない…! という妄想の元に深呼吸してまいりました。…大丈夫、自分が痛いってことはわかってる…!


 そしてでんきの科学館を出たのが5時過ぎでした。
 ちょうど近くに大きなドラッグストアがあるんで、ちょっと寄ってKOSEのCMを見て(聞いて)から、さぁさぁ今度は居酒屋ですよ。大野さんを語るんだ…!


 というわけでBさんとはその日が初対面だったわけなんですけど、………マニア同士って、いいですね…!(笑)
 ○○のときの大野さん、で話が通じる上に、今度こそ彼岸に渡ってしまうかも、でもそのときは私、大野さんの守護霊的なものになりたい…! って言っても引かれるどころか賛同が返るこの心地よさ!
 もうずーっとノンストップできゃあきゃあにやにや…。わたくしが持参した魔王期からの雑誌の切り抜きもたいへんお喜びいただいて、まぁもうそのテンションの上がりようを見ているのが幸せです。幸せだった…!

 ふたりでお座敷個室だったので遠慮なく雑誌を広げておりました。そんでお店の人が入ってくるとさっと隠す(笑)。

 しかし隠し切れないものもあり。
 運よく焼酎「魔王」があったので当然それも頼んだのですが、何度か芋焼酎を頼んでたら、お店のお姉さんったら気を利かして「芋がお好きでしたら、メニューには載ってませんが 櫻 井 もありますので…」。

 さ く ら い !?

 あの瞬間、ふたりとも抑えることのできなかった噴出し笑い(笑)。
 お姉さんきっと不審に思った! 「もうご案内してましたか!?」とか言われちゃったけど違う、ごめんね違うんだ、こっちのマニア心の問題が…!(笑)

 もちろん、注文しました。

櫻井
 存在は知ってたけど飲んだのは初めて。
 うん、櫻って感じの甘やかなお酒でした。お上品。

 そんでいい具合に酒をかっくらい大野さん大野さんと語り、終電がなくなる前に解散でした…。あああ…本当に楽しかったです…! ぜひぜひ近いうちに、また(私信)。


 あまり人付き合いにマメなほうではないので、ブログを通じてどなたかと実際にお会いするって機会も少ないのですが、やっぱり同士ってないいもんですね…。




 そしてそして、今日は相葉ちゃん舞台の初日ということでー!
 相葉ちゃんからの迷惑メールを受け取ったのは初めてでした。ふつーの友だちからのメールっぽくてきゅんとする〜!

 相葉ちゃんはじめキャスト、スタッフの皆さま、そしてファンの皆さまにとって、かけがえのない思い出になりますように。
 どうかどうか事故や怪我なく、無事に楽しく大千秋楽が迎えられることを、及ばずながら祈っております!

JUGEMテーマ:

Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 16:39 | comments(4) | trackbacks(0)| - |
櫻井翔さん、お誕生日おめでとう
 翔ちゃん、27歳のお誕生日おめでとうございます…!


 何度となく書いておりますが、私は翔ちゃんの凛々しいお顔立ち、筋肉質の体つきが大好きなのでございます。外見だけで言えば確実に大野さんより翔ちゃんなわけです。けれど、もちそんそれだけじゃなくて、その内面も、大好きです。

 ひょっとしたら、翔ちゃんがいなかったら、私は大野さんを好きなっても嵐までは好きにならなかったかもしれない。未だにアイドルというもの全般に対して偏見を持っていたかもしれません。私が偏見で目を曇らせているうちにアイドルってここまで進化していたんだ! って気付かされたのは、コンサートDVDで翔ちゃんが歌う「Anti Anti」を見てからです。俺ら行くぜ、ってとんがった言葉で強気で言いきる翔ちゃんを見て、ああおもしろいなぁこの人たち、って思った。
 それから「Cool&Soul」を聴いて、居合わせる君は幸せだ! って翔ちゃんがリリックで言いきってるのを知って、ああ私はこの人たちを見ていたい、って、焦がれるように思ったのでした。

 嵐さんたちがただのかわいい草食動物の集まりではないことを、翔ちゃんの凛々としたリリックがいつも思い出させてくれます。この人たちには熱くて硬い芯がある。そういうものをこうして明確な言葉でファンに示してくれる人がいることは、ファンにとって本当にありがたい、貴重な、奇跡のようなことだと思うのです。

 オトコマエで努力家で誠実な翔ちゃん。でも抜くところは抜いて、ちょっとヘタレですべり芸が板についてきちゃった翔ちゃん。なんて素敵な人なんでしょう。いつもいつも翔ちゃんに大爆笑させていただいておりますが、私の中で翔ちゃんは基本「かっこいい人」で固定なんですよ。揺るぎなくかっこいい人だと思っているから、そのギャップに遠慮会釈なく爆笑しているのです。(ちなみに大野さんは基本「美しい人」)
 +act を読んでぐわんぐわんと揺すぶられ、ぼろぼろ泣きながら、コレはヤバイと思って一度読んだだけで引き出しの奥にしまってしまいました。だって本気で惚れそうだったんだもん(真顔で)。

 忙しいのが好きで、タイトなスケジュールを精力的にこなしてしまう人ではあるけれど、どうか健康にだけは気を付けて。
 これから始まる翔ちゃんの27歳の一年が、充実した幸せな一年でありますように。
 遠い場所から、及ばずながら、祈っています。

 あと、今年も自分からしゃべらない大野さんに話を振ってしゃべらせてくださいね(笑)。



 歌のおにいさん2話の感想は明日にでも。
 とりあえず今は、健太くんのお歌をリピ、リピ、リピです。うふふふふ…! 何で童謡があそこまで色っぽいんだ健太…!

JUGEMテーマ:
Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 21:22 | comments(10) | trackbacks(0)| - |
この世に悪は栄えない!
 月曜日に私が会社の近くを一人で歩いていたのを同僚が見かけたらしいのですが、同僚曰く「何か、笑ってたよ? 思い出し笑い?」。
 き、記憶にございませんが…………月曜日の私の頭の中なんてオールウェイズ大野智でいっぱいだったはず。…もしかしなくても智のこと考えて笑ってたのか私ー!?
 怖い。自分が怖いよ。気をつけなきゃ。


 そしてそんな大野智でいっぱいの今日この頃。
 年末年始の嵐と、歌のおにいさんの番宣にそなえてレコーダーを整理せにゃ、と思って録画リストを呼び出したのですが、あるタイトルを見て首を傾げてしまった。
 先週金曜日のズームイン。撮ったまま手付かずで残ってるけど、何でこれ撮った?? 別に何かあったわけじゃ…………としばし考えてから気がついた。ヤッターマンだよ! 何かも何も、ヤッターマンだよ!

 週末はほとんどテレビの前にいなかったので後回しにしてたら、月曜日のニュースのおかげで存在そのものを忘れるところでした。ほんと怖いよ。ちょう楽しみにして予約録画の操作してたのに、忘れるなんて。

 慌てて編集がてら再生しました。そして見た途端に、忘れていた事実も忘れてころっと「ヤッターマン待ちきれない!」とかほざくわけですが。
 衣装姿初公開のヤッターマン1号、2号コンビ。
 期待以上に翔ちゃんがガンちゃんでした。似合いすぎる。あなた以上ににガンちゃんが似合う人はないよ。犬型のクルマ(ヤッターワン、だっけ?)に飛び乗るときの動きが妙に固くてそこで爆笑。
 もうね、ほんと今から悩むんですよ。
 これ、劇場で見るか否か。
 だって、劇場で腹抱えて大爆笑って許される!?(笑)
 そりゃ周りだって笑ってるだろうけど、私、このガンちゃんに関してはそんじょそこいらの人より爆笑する自信があります。…………。楽しみなんですって、ほんとうに。

 そしてこの映像、羽鳥さんがまた素敵に無敵。いいなぁ、羽鳥さん。ぜひまた一緒にお仕事して欲しいなぁ。


 そしてヤッターマンといえば気になるのが、主題歌です。

 う〜ん、私の個人的希望で言えば…やっぱりヤッターマンの主題歌は、あのオリジナルの「う〜、わんわんわん!」のがいいなぁ。
 それを嵐が歌ったらオモシロイなぁ、とも思うんですが、あれ原作ファンの思い入れが強すぎて下手にいじると反発くらいそう(苦笑)。今やってるアニメでも、いじりすぎだってクレームついたってのをヤフーのトピックスで見た記憶があるよ。

 せめて「う〜、わんわんわん!」は挿入歌として残して、主題歌は嵐がそれっぽいのを歌うとか。それとも挿入歌のほうを嵐にしてもらうとか。そのくらいのほうがいいです。って、何も歌わないという考えは既にない(笑)。出すでしょー、何か。



 ところで。
 大野さんの番宣はどのくらいあるのかな〜とふよふよ考えておったのですが、そういえば今回は斗真くん(フォロー役)がいないじゃないですか!(笑)。智、ひとりでだいじょうぶー!?
 いや、意外と一人で放り出されればしっかりしてるってのはわかってるんですけどね。心配したいのが親心(親!!??)。

JUGEMテーマ:

Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 11:36 | comments(4) | trackbacks(0)| - |
翔ちゃん、ありがとう
 今日は櫻井翔さんの入所記念日だそうで〜!
 これで13年なのかな。大野さんの一年だけ後輩、ですもんね。



 翔ちゃんにも、両手いっぱいのありがとうを!
 運命の手に引かれるようにデビューした大野さんとは対照的に、今に至るすべての分岐点で嵐の方を選んでくれた人。運命の手を自ら握ってくれた人。そのすべての決断に、ありがとう。


 …って、ちょっと遅刻しちゃってごめん!(すでに23日)
 アップの日付は詐称して22日にしておく(笑)。



 さて話は変わって。
 名古屋パルコで梅佳代さんの写真展をやっているそうですね。
 わー、行ってみよう!

 写真ってあんまりよくわかんないけど、本屋で梅佳代ちゃんの写真集とか見ると、すっかり手にとって見るようになってしまいました。この人の写真は、おもしろいなぁと思う。きれいとか、そういうのじゃなくて、おもしろいなぁと。
 大野ファン仲間(だよね/笑)とかまぁおいといて、いい機会だから見に行ってきます。

JUGEMテーマ:
Posted by : あかなべ | 櫻井翔 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)| - |