大野智と嵐が大好きです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< LOVEツアーが始まったよ! 2 | main | Loveツアーが始まったよ! 4 >>
LOVEツアーが始まったよ! 3
 コンサートが終わってしまった…という虚脱感とともに、もう予習しなくてもいいもんなーということでHit the floorひたすらリピートの日々が戻ってきているあかなべです、こんばんは。何度も言いますが己の欲望に忠実。だって耳が欲しがるんだもの。

 というわけで毎日ひたすら聞いていて、ここのこの歌い方がー! とかこの発声がー! とかいろいろあるんですが、それより先にコンサートのことを…。
■サヨナラのあとで
 これはセンターステで歌ってましたっけね。

 大野さんのソロの後なので大野さんいないし、は〜大野さんかっこよかった…と思う存分ほうけていたら、いやいや大野さんの声、聞こえるし!
 慌てて双眼鏡でセンターステを見てみたら、いたわ大野さん。ソロの後ではけなかったんですね〜。
 なのでこの曲のソロ部分もばっちり大野さんが歌ってます。

 ちなみにこの曲が大野さん振り付けでした。
 今回のアルバムではこれとソロの二曲だけなんだそうで。


■Rock Tonight
 サヨナラのあとでが終わって、みんないったんはけたんですよね。
 で、モニターにいきなり5名様の赤ちゃんが…。

 しかも体だけ赤ちゃんで顔は今の嵐さん。そのビジュアルで「ひまだねー」とかおっさんくさいことをしゃべり出す。…シュール!
 つーかこれまでずいぶんシンプルに落ち着いた感じできたのに、ここでいきなり反対方向に振り切ったな!(大笑)

 将来は何になりたい? って話になって、ニノと潤くんが野球選手、相葉ちゃんが社長。翔ちゃんがちょっと聞き取れなかったんですけど、これは大野さん「パン屋」でくるぞ…! と待ちかまえていたら、ここで大野さんのお母さん登場(という会話)。
 モニターは大野さんのアップになって、赤ちゃん服着た大人の大野さんが赤ちゃん泣き…。かわいい! けどシュール! その人、もうすぐ33歳!(笑)

 このあとでオリンピックの話でしたっけ。
 東京に来るねー。7年後か。7年後って俺らいくつだ?
 ここで潤くんが「さんじゅうな…いや、7歳(8歳?)だ!」って。うはは、我に返りそうになった!

 で、話をぶった切るように大野さんが決め顔+32歳の声で「やっぱLOVEだよね」とか言い出して、まわりが「はぁ?」って反応して。

 ここで再び大野さんのお母さん登場だったんですよね。
 おむつを替えようとするお母さん。それに対抗する智ちゃんさんじゅうにちゃい。
「みないでー! みないでーー!」って真っ赤な顔で叫ぶ…。かわいいけど!(笑)

 突然何だこのコントは!? と思ってたら、センターステから本物の5名様が登場…。
 なんか若い衣装着てるー! そして、センターステの真ん中四角くせり上がって、彼らその上で踊っているのですけれど、その四角の側面もモニターになってて、そこには今までも見たこともある彼らの子どものころの写真が映し出されておりました。
 なるほど…。アルバムで聞いたとき、なんか若い曲だな…と。三十路の男が歌うにはちょっと無理がないかと秘かに思っておりましたが、……若い曲だって自覚あったんですねー!(笑)
 なんつーか吹っ切れたようなその若作り。素敵です、嵐さん。

 で、この曲の最後のほうで、四角いせり上がりの真ん中がぱかっと空いて、そこにニノがすとーん…と。
 えええっ…!? と一瞬ぎょっとしましたが、他の4名さまがニノが落ちた穴の淵で愉快なダンスをしていたので、ああそういう演出か! と一安心。
 で、最後の最後、4人でステージに座ってなぜか記念撮影。ニノはいないから集合写真で欠席した人みたいになってました。


■20825日目の曲
 はけたところをばっちり見てたから、これはちゃんと待ちかまえてられたのです。

 モニターに映像が映って、ニノの声が聞こえてきて。
 何かの画面にケータイの通話画面みたいなのが表示されてる。そしてかすかに聞こえるエンジン音。
 あーカーナビに接続して電話してるのかな? と思ったら、案の定、運転中のニノがお母さんと電話しているのでした。
 あれは、かかってきたんだったかな。最近どう? みたいな普通の会話をして。
 お母さんに「今日は何してるの?」って聞かれて、「仕事」って答えるニノ。電話を切って、カレンダーを眺めて、ため息をつくお母さん。

 …ここ、ちょっと見逃しましたけど、お母さんの誕生日か何かだったのかな?
 お母さんは顔だけでも見せてくれることを望んでいたのでしょう。でも人気者の息子は今日も仕事。仕方ないわね…と思うお母さん。

 でも、車中のニノに画面が変わると。
 …そこにはお母さんにあげる真っ赤なカーネーション(だった??)の花束がーーーー!

 お母さんには「仕事」って言っておいて、突然帰ってお母さんをびっくりさせようっていう筋書きですね!?
 Theニノミヤ!(笑) 曲もそうだけど、映像もTheニノミヤ!(笑)

 ニノはセンターステでソロだったんですよね。私の位置からだと近いんだけど斜め後ろ姿しか見えないし、ギター弾きながら位置固定で歌ってたのであんまり目で追う必要もなくって。落ち着いてモニターが見てられた…ので、ソロ曲の中でいちばん(てかほとんど唯一)モニター映像をしっかり見てます。
 しかも、このTheニノミヤっぷりでしょ。今でもばっちり覚えてます、あの映像(笑)。


■One Love
 で、次がこれか。
 あー、LOVEだもんなー、そりゃこれがくるわ。


■果てない空
 フロントで歌ってましたっけ。
 このあたりちょっと記憶が曖昧。

 
■君のために僕がいる
 わーっ、また懐かしいやつがきた!

 これでトロッコみたいなのがきたんでしたっけー?
 センターステの端っこまで来てくれるから、わー近い近い…ってか、どこまでいくの!? と思ったら乗り物が用意されていた!
 今回、ムービングステージの軌道がアリーナ内に作られてて。開演前に席に着いたところで、外周はないのかなぁレールってないですよね〜なんて話してたんですけど。

 あったんだ! 一人乗り用のトロッコをいくつかつなげたようなやつ。それでアリーナとスタンドの間を移動します。
 ぎゃー、近い!
 近くに来たメンバーに必死でお手振りしましたさ。

 このとき確か大野さんは3塁側だった。潤くんも3塁だったかな?
 で、あと3人が1塁側だったような。


■言葉より大切なもの
 で、これもけっこう懐かしい曲が…っつうか、これがくるということは!

 大野さん、確かこれのとき遠くにいた気がするんだよなー。ってことはやっぱり3塁側にいたはず。
 遠くの位置から「ここにはーー!?」。
 ペンラつき出して元気よく「あるからー!!」。


■エナジーソング
 で、言葉よりで移動続けて、大野さんと潤くん(だったっけ)が1塁側まで来てたんだよね!
 あとちょっと! あとちょっとで大野さんが目前ーー! ってところ止まっちゃって、ちょっとー! そこから折り返し運転とかしないよね!? ってハラハラしてたら…。止まった位置で始まりましたエナジーソング。ということは「お手を拝借!」

 はい、やります、やりますよお手くらいどんどん拝借しちゃって!!

 トロッコみたいなやつは無事に動きを再開して、わたしたちの前まで来てくれました。


■MC
 これはちゃんとメモってる方のレポを読んでくださいませ…。
 盛りだくさんすぎて覚えてない!

 ちなみに私がいちばん笑ったのは、潤くんのサヨナラのあとでの振り間違い!

 あ、ここであの曲が大野さん振り付けだと明かされてました。
 翔ちゃんだったかな、「そうだろうな、と思った人、拍手してー」って客席に呼びかけたら、けっこうな数の拍手…。
 わお。相変わらず皆さま鋭い。わたしですか。そんなことまで考えてる余裕はありませんでした。

 そんでもって、「他にも大野さん振り付けの曲があると思う人、拍手してー」とも聞かれた。
 私ここで拍手しました。実はFUNKYって大野さんかなぁと思ったんですよねー。あの「ぼっぼっぼっぼっ」が大野さんらしすぎたもので(笑)。
 でも今回はソロとサヨナラだけだったんですよねー。残念。

 で、潤くんですよ。
 間違えたんだよね、珍しい…っていわれて、どう間違えたかを再現することに。
 5人一列に並んで踊り出す。「なにもできない ぼくがいる〜」のところでしたっけ、5人がいっせいに、右だったっけ? 向かなきゃいけないのに、潤くんだけ左向いちゃって、左にいた相葉ちゃんとばっちり目が合った…。

 ぶわっはっは! 目が合うはずのない人とばっちり目が合っちゃった相葉ちゃんのその瞬間の衝撃、察してあまりあるわ…!

 最初、相葉ちゃんが間違えたと思った潤くん。でも相葉ちゃんのその向こうにいる翔ちゃんもこっち向いてるから、自分が間違えたことに気付いた潤くん。

 わたしもうこの一連の話で笑いすぎて涙が出ました。


 そして話はFUNKYのことに。

 ここで明かされるペンラの秘密。
 必ず嵐さんたちからの合図とともに点灯せよと指令があったのですが、なんとこのペンラ、5色切り替えのタイミングがFUNKYのリズムに合わせてあって、合図のタイミングで点灯すると全員のペンラがFUNKYのリズムに合わせて色が変わると…!

 リズムを合わせるために改良を重ねたんだそうです。ひー、そこまで細かく練られた計画だったの、FUNKYって!?
(つーかわたくしFUNKYは一色のライト使うのかと思ってた)(スイッチを上に入れると5色点灯、下に入れると白っぽい一色が点灯、真ん中に戻すとオフなのよ)(わざわざ2パターン用意してるのはFUNKYで単色が必要だからなのかと思ったんですけど)(あの単色は何のためにあったんだろうか)

 とにかくますます高まるFUNKYへの期待。
 点灯の練習をしてみようか…ということになって、3、2、1、オン! のタイミングで一斉点灯…。
 ここが本当に綺麗だった! わーって感動の中、嵐さんたちが慌てて「消して、消して!」って。本番までお預けくらいました(笑)。
 …肝心のその本番は、余裕がなくてペンラなんてまったく見れてなかったけど!

 ウェーブの練習もしました。
 これがまた振り付けに負けず劣らずのややこしさ…。いや、私は来た波を受け渡すだけなんで簡単なんですけど、スタート地点の人はよくあの場で覚えたな!

 で、ここまでFUNKYの練習でけっこうな時間をとってるわけよ。
 この流れでこのままFUNKYいくと思うじゃない。会場内、けっこうな人がそう思ってたよ思うよ!?
 でも違ったんだ、まだFUNKYじゃなかった!(笑)

「そういうグループですんで」ってニノが言ったんだったかな。
 うん、そうだよね…。嵐ってそういうフリーダムなグループだよね…(笑)。

 というわけでFUNKYのあとで潤くんがはけた。つぎは潤くんのソロなのかー。

 4人が残って映画やドラマの宣伝。
 大野さん、鍵部屋は「来年って、いつなんですか」って話に。

 …ね、気になるのはそこですよねー!
 新春の正月ドラマなのかと思ってたけど、それだったらそろそろ発表されてるはずよね。
 冬じゃないとしたら次は3月じゃない。と、遠い…。
 
 で、来年って広いから! 来年の今ごろでも来年のうちだからとか突っ込まれてましたけど、ほんとにねー!
 大野さん、編集にかかるかもしれないでしょとか言ってたけど、一年も編集にかかるドラマってなんだよ(笑)。どんだけCG満載なの!(笑)


■Dance in the dark
 映像の中では潤くんがヴァンパイアになっていました!
 やっぱりねー、そうくるよねー!

 フロントステに出てきたんで、ああーっぜんぜん見えないっ。
 ニノのときはけっこう見えたんだけど、こっちの端に寄ってたから見えたのかな? ってことは反対の脇の人からは全然見えてなかったのかも。

 でも途中でセンターに移動してくれたので、よく見えました。けっきょく後ろ姿なんですけどね(笑)。

 ここでセンターステの回りに炎がぼっ! ぼっ!
 今回、アリーナの真ん中にぺろんと開けた円形の場所がメインのステージですから、セットや効果は前回ツアーと比べるとずいぶんおとなしいんです。高々としたやぐらもなければセット全面使うようなモニターもないし、水もないし、炎もここで初めて出てきた。
 落ち着いた大人の演出のほうが多くて、これは嵐さんたちの「違うものを作ろう」という意思の現れなんでしょうね。


 今日はここまで。
 まだまだ先は長い〜。

JUGEMテーマ:

Posted by : あかなべ | コンサート | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:20 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://soumoku.jugem.jp/trackback/1073