大野智と嵐が大好きです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 2004 嵐! いざッ、Mow Tour!! 感想 | main | 大野智さん、27歳おめでとうございます >>
2004 嵐! いざッ、Mow Tour!! 感想2
 いよいよ。
 大野さんのお誕生日が迫ってまいりましたね〜。
 友人の誕生日ですらなかなか覚えないこの私が(さいてい!)知り合いでもない大野さんの誕生日をちゃんと覚えるなんて、ほんと人生何が起こるか分からない。

 えへえへへ。明日はお花を買って帰ろう! お酒を買って帰ろう! そんで宿題くんの画面に向かって一人で「おめでとう〜っ」ってやるんだ。
 ………………………………さみしくないもん。一人遊び、大好きだもん!!
 ところで明日の宿題くんていつもどおりの時間だよな。ギリで大野さんのお誕生日内に放送するよな…。確かめとこ。



 ではでは昨日の続き〜。「2004 嵐! いざッ、Mow Tour!!」のコンサートDVD感想です。


・とまどいながら
 何アレンジって言えばいいんでしょう。フラメンコ? で、バックに映るのはサグラダ・ファミリアですか? この時期、嵐さんとスペインになんかあったっけ? と思ってしまった。
 もともとしっとりした曲がさらにしっとり。う〜ん、アレンジされてない方が好きかな。

・君は少しも悪くない
 いや、悪いだろ。と突っ込みたくなる(笑)。男もヘタレだなおい。
 これも初聴き。これはね、やっぱびらびらの衣装を着て踊る大野智を見てしまいますね。終始センターで踊る大野さんの色っぽいこと。しかしこれ、衣装が…サイズがあってないのかな? ちょっとぶかぶかしてて、両腕を上げるところとか肩の部分が浮いちゃって、何かこう、顔が布に埋もれてるような…(笑)。や、かわいんだけどさ。二宮さんもそんな感じよね。
 しかしやはり黒いびらびら(なんて言うんだコレ)をひらめかせながら踊る大野に視線が釘付け。「愛されてない」あたりのターンがびらびらできれい。「悲しいだけ」で右腕をしゅるりと伸ばして、首をくいっとするところも好きです。
「優しく抱くよう」の相葉さんのショットは足の長さがさすがだわねぇ。スタイルがいい人はこういうところで決まるからいい。

・優しくって少しバカ
 で、そんなスタイルいい人のソロ。胴が細ぇなぁ足長ぇなぁ!
 私自身の好みとしては、ほんとはガタイがいい人が好きなので相葉ちゃんはちょっと細すぎると思うんですが(だから大野さんなんてほんとは外見だけで言えば完全守備範囲外なのよ)、スタイルがいいなぁとはいつも思います。
 曲は文句なく好き。歌詞も好き。歌は…相葉ちゃんの声って、最初聞いた時こそ「さかなくんみたい」とか失礼なことを思ってましたが、歌声をずっと聞いてるとけっこうクセになりますよね。失礼ながら上手だとは思いませんが、好きです。

・瞳の中のGalaxy
 これも初聴き。南くんの恋人か〜。昔の、高橋由美子がやってたのは微かに記憶があるんだけどな…。リメイクするってのもどっかで聞いてましたが、二宮さん主演だったとは。だから歌い出しが二宮さんなのね。
 作詞作曲が藤井フミヤだそうですが、ああなるほどって感じ。…でもよく考えたらどのあたりでそう思ったのかがわからない。もしかして「星屑のステージ」を思い出したからか?(タイトルが銀河つながりなだけです) …と、歳がばれるよ!

・痕跡
 と、書いて「かこ」と読むんですね。
 これね、最初の囁くような声のままで全曲歌って欲しかった。二宮さんの声って、子音が立ってるのかしら、ちょっとエッジが鋭い感じがするよね。ちょっと…曲や歌い方によっては私はそれがあまり好きではないのだけど、この曲の出だしのようにちょっと乾いた歌い方をする時は好きなんです。でも「夕焼けが」以降、エッジが鋭くなってるから、それが私の中ではちょっと惜しいんですよね〜。最後までその声で歌って〜っ! てなる。
 曲はとてもきれいで好き。歌詞は…一度じっくり、歌詞カードみたいに紙面に書かれたものを見てみたい。自分で書き留めて作ればいいのか。

・La Familia
 正直に告白しましょう。
 嵐を知る前に唯一存在を認識していた松潤でしたが、その時の印象は、はっきり言って悪うございました。ええ、よく知りもしないで、カッコつけのちゃらい人だと思ってました。ほんとこの人にこそ私は謝りたい。
 もちろんこの曲を聴くまでに松潤のイメージは180度転換して、すでに優しくてかわいい、いい子だと思うようになっておりましたが、やっぱりこんな歌詞を書いちゃう松潤は真面目で素直な子だな〜としみじみ思う。この時、20歳そこそこでしょ。そんな歳でこんなこと言っちゃうの、相当苦労してきたんだろうなぁと思っちゃう。今では私、松潤は基本「かわいい人」だと思ってます。
 この人の歌声はちょっと頼りない、というか素直に出てる感じがしない、喉のところでちょっと引っ掛かってるような感じがするのだけど、声質は好きです。もうちょい腹から出るとすごくイイ声なんじゃないかな〜と思うのだけど。…なぁんて偉そうなこと言っといて、まぁドシロウトの私見ですんであしからず。


・a Day in Our Life
 これも踊る大野智を堪能できる曲。「今でも君を」あたり、大野さんが両手を肩に当てて首をくいくいするあたりが特に好きです。でも曲のリズムに合わせてなのか、アングル切り替わるのが早くねぇか。もうちょい、もうちょい今のところ…! と思うところ多数。
 これもこのDVDで初聴きだったんじゃないかな。最初に見た時はまだラップがあんまり好きじゃなかったのでちょっと忍耐がいる曲でしたが、翔くんのラップに慣らされて(?)好きな曲に仲間入りです。でもドームのDVDを見た後だと、大野さんのフェイクとやらがないのが物足りなくてたまらない。ぎぶみーふぇいく!

・RIGHT BACK TO YOU
 大っ好きな曲。これもLucky Manと同じく、おそらく私の中で好きな嵐曲ベスト10に入ります。ドームの演出も好きですが、こっちは大野さんの「明くる晩も〜」があるから好き。もちろんダンスも好き。大野さんが「No No No」で人差し指をちっちっと動かしながら歩み出て、「誰にも〜」と続くあたりが特に。でもこれもアングル切り替わるのが早くねぇか。
 歌に関しては大野さんの声は言うまでもないんですが、これは相葉ちゃんの声も大好きなんですよ。ソロはもちろんサビ部分でタイトルコールに呼応するように入ってくる相葉ちゃんの乾いた低い声が歌詞とも合っててすごくいいと思う。COOL&SOULの時も思いましたが、この人の声ってキャラクターとはかけ離れてるけど思いっきりドライにクールに歌ってる時の方が私は好き。もっとこういう声が聴きたいなぁ。
 翔くんのラップも大好きです。苦労しながらでも口ずさんでしまう。何度も言うけど大野さんの「明くる晩も〜」も好き。歌詞カードをろくに見なかったので、この部分の歌詞を「車も」かと思ってましたが。で、だからハンドル回す振りなのねとか思ってましたが。意味が通らなくてもスルーしてましたが。

・嵐の前の静けさ
 ちょっと書くの疲れてきた(笑)。
 あら大野さんご不在、と思ったら途中から出てきた。す、すげぇ衣装! 「はねトび」で翔くんが言い当てた100均の絵皿のようだよ。
 大野さんはただ歩いているだけでもちゃんとリズムに乗っているよね。普段はほんとおっさんくさい歩き方のくせに(笑)。途中、月面でも歩いているかのようにふわふわ飛び跳ねながら歩くところ(時間でいうと74:57のあたり)もすごく好き。

・君のために僕がいる
・SUNRISE日本
 疲れてきた(笑)。まとめていっちゃう。
 これもこのDVDが初聴きでしたね。お手振り曲ってんですか、皆さん笑顔でファンサービス。大野さんは本当にファン一人ひとりの顔をよく見ていて、その上ちゃんと記憶もしてるらしいですが、すごいよな。あの人数を個別に見るなんて。
 そういうのって単純な視力ではなくて、動体視力とか瞬間視とやらの能力なんだろうなぁ。これまた運動神経だの絵の才能だのと結びつくんだろう。そーいうのもまた別個に語ってみたい。

・A・RA・SHI
 まさしく名刺代わりの一曲。デビュー9年目でも色褪せない、貴重なデビュー曲。
 さすがにこれは、CDは聴いたことなかったけど遥か昔に聴いた記憶があったわ〜。今までで一番売れてる曲だもんね。
 デビュー曲がこれだけ長く歌われるってやっぱり他のグループにはないことなんだろうけど、嵐はこの曲があって幸せなんではないでしょうか。や、デビュー当時は本人ら微妙だったろうけど(笑)。あの伝説のスケスケ衣装もな〜。こないだのMステで初めてまともに見ましたが、…うんあれはヒドイよね(大笑)。
 大野ファンとしては、大野さんのソロが多くて嬉しい。あと翔くんの「てぃきそーそー」のちょっと前、ご機嫌な笑顔でくり〜んと回る大野さんが愛しいです。

・途中下車
 これもCDの時点ではピンと来なかったのだけど、DVDで見れば見るほど好きになった曲。それに、CDに比べると大野さんの声が目立つと思うのは単なる贔屓目でしょうか。でも大野さんが汗だくで首のところに力入れて歌ってるの見ると、ほんと大野さんしか見えなくなるんですよ、あはははは。大野さんがそうやって歌うんなら、どんなに重い希望の鐘だってカランコロンと鳴り響くよ! ってなもんで。

・言葉より大切なもの
 お着物で登場。大野さん、腰が据わってるから浴衣が似合うわ〜! 二宮さんは、かわいいんだけどちょっとじゃりんこチエみたいよ!(古っ)
 出だしから大野さんのソロで至福。そしてこの曲も翔くんのラップが好きだ〜。
 そういやここで色紙持ってますが、一時停止して大野さんの字をガン見してしまいます。だって私が大野さんに落ちた決定打、字だもの。大好き、この字。またこの言葉もいいよね。

・Hero
 これもDVDで初聴きでしたね。典型的な応援ソングだなぁ。
 曲のラスト、駆け寄って抱きつく大野さんとそれを腰をかがめて待ちかまえる翔くんのかわいいことかわいいこと。ところでどうして私は大野さんは「さん」で翔くんは「くん」なんだろうな?(笑)(いや何となく、ですが)

・感謝カンゲキ雨嵐
 大野智デザインのTシャツを着てご登場。ここで松本さんが「この夏終ると5年になる」っておっしゃってますが、今ではもう9年ですよね。時の流れってほんと早ぇ。
 これまた出だしから大野さんソロ。しかも二度目の「smile again」って叫ぶところが何度見ても面白くてかわいくて大好きですよ。これ隣で二宮さんも笑い崩れてますけど、…これって毎回そうやって歌ってるんですよね? 毎回聞いてるんですよね? なのに笑ってるんですよね二宮さんってば。…ほんと、二宮さんの中で大野智が「不思議な生き物」認定されてるような気がしてたまらない。
 タイトルのおふざけ(失礼)具合からは想像もつかないほどまっすぐな応援曲。ストレートすぎてちょっと物足りないですが、好きな曲です。


 お、お、終った…!
 disk2もあるけど、…えっとまた後日。
Posted by : あかなべ | DVD感想 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:17 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://soumoku.jugem.jp/trackback/13