大野智と嵐が大好きです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 祭の後 | main | 次のお仕事 >>
夏の智は虹色に輝いてたよ…
 らぶ れいんぼーを みま した … 。



 ええ、「見た」。CDのほうは手付かずでDVDを先に再生したから。
 そしたらDVDのエンドレスリピートの輪から抜け出せなくなったから…!



 さとしーーーっ、かわいいよーーーーっ!





 DVDが自動的にエンドレス再生するあの設定、思いついた人は悪魔ですね。小さき人間に欲望のまま行動せよと囁きかけるもの、その名は悪魔。


 はいちょっとテンションが迷走していますよ。
 落ち着いて感想を書きましょうね。


 PVに関しては…まぁ、時間がない中で精一杯頑張ったんでしょうね、という…。人間以外はフルCG(しかも穏やかな自然物ばかり)、踊るわけでもない…とくれば、それほど派手な映像にはならないのは必定。嵐に関しては曲も映像も派手で動きがあるもののほうが好きな私としてはちょっと物足りない。
 曲は大好きなんですけどね。聴けば聴くほどサビが耳に残るなー。まさに夏らしい爽快感があって、BGMとしてかけておくと家事がはかどる感じです。
 Mステではどうなりますかね〜。

 そんなわけなんでついついPVをスキップしてメイキングにいってしまいます。メイキングにもバックに曲がかかってるから、ちょうどいいんですよ(笑)。
 


 で、そのメイキング。…あの、泣いていいですか…(倒れ伏し)。大野さんがかわいくてかわいくて! それに絡んでいく3名さまもかわいくてかわいくて!
 相葉ちゃんだけ別撮りだったんですねー。フルCGだからこそなせる技。そっか、PVで相葉ちゃんだけ妙に歩調が速いなと思ってたら、そういうことか。たくさんの「嵐」を見せてくれている裏では、こういう時間の遣り繰りがあるんですよねぇ…。頭が下がります。そういう制作の現場が見えるという意味では、これぞ正しい「メイキング」なのかもしれない。


 だって4人のほうのメイキング、仲良しの合間に仕事のシーンがはさまれてるだけじゃん(笑)。撮り終えて控え室にもどったときの会話がメインだよ、このメイキング。

 時系列に沿っていくとアホな長さになること請け合い☆なので、ここはさくっと、印象的だったところを抜粋して…。


 翔ちゃんが控え室のドアのところに立って誰かと会話している。相手は誰だ…聞き取りづらい声ってことは…と期待してたら、やっぱり大野さ〜ん! ってか、なにその寝転がり方。かわいいんじゃい!

 何食べた? って聞き方がやさしいよ、翔ちゃん。
 あとコーヒーを発見した翔ちゃんが「いるー?」って聞いてきて、大野さんの返事が「のむー」。「飲む」じゃなく「のむー」。え、細かいですか。いやいや大幅に違いますよね。…かわいいんだよ!(結局そこへ…)

 そんで途中で呼ばれた翔ちゃんが飲みさしの紙コップを大野さんにプレゼント。両手に紙コップを持った大野さん、交互にコーヒーを飲んで「一緒ですね」。そらそうですね。でもその後の「んふ、んふふふふ…」ってのが…かわいいよ…!
 もうかわいいしか言えない。他の言葉を探そうにもこんなに便利な形容詞は他にない…。

 ちいちゃくてきれいに色づいているあのお口がなー、またかわいいんだよな〜。

 翔ちゃんはその後も大野さんのお世話をかいがいしくしておられました。エスコートするときに絶対に背中に手を当てるのね。そして大野さんのお顔を見ながら話しかける。でも大野さんの視線は翔ちゃんのほうには向かない(笑)。…こう、…世話をされ慣れている王子さまってこんなもんですよね…。


 ニノは大野さんの書き物を邪魔。大野さんがカメラに書類を向けてくれましたが、字フェチの私はもちろんここで一時停止。うん、ブレブレだね(笑)。
 コーディネートがどうこういう質問だったから、マネキン5に関するアンケートかな?

 最後はニノが自分が終わるまで待ってろ、と(笑)。待ってるっていうまで行かないとか、駄々っ子か! いや駄々っ子ってほど幼い言い方じゃなかったな。ドSだ、ドS(笑)。
 また出て行こうとするニノに「お疲れ様でした〜」とか言う大野さんの、そのタイミングが、絶妙です。おもしろい〜。

 そしてニノが撮り終わって、スタジオを出て。
 あら、まだ翔ちゃんもいるんじゃないの。翔ちゃん、よっぽどやりたいのね「どうぞ」が…(笑)。
 ニノがまた別の建物に入った。あー、この階段! 前もメイキングに映ってたよね。なんだっけ、To be free? 確かめないとわからないけど、最近の映像だ。はー、こういうとこ見ると、すごい現実感があるなぁ…。
 で、階段を降りてくる大野さん。ニノの声を聞きつけて降りてきたの? 帰ろうとしてたところじゃなくて?(笑)
「待ってたよ〜」って、これまたかわいいよ〜。

 大野さん、マスクしてますね。風邪っぴき中なんですね。だからよくソファに寝転がってたのかな。そんで翔ちゃんもやたらかいがいしかったのかね。いや翔ちゃんのはいつものことか?



 で。
 このメイキングで一番の爆弾を投下してくださったお人。
 潤くんは…、えっと、嵐ファンやってるといろいろ麻痺してくるわ…。
 ソファに寝転がってる人の上にのしかかるって、アラサー男子同士として普通の行動だっけ!? マジでほんとに私にはもうわからない!

 控え室にやってきて、寝転がってる大野さんの腹の辺りにどっしり腰掛けてもたれかかる潤くん。「どうした?」って、潤くんあなたがどうした?(笑)。おかしいよ、その距離感!

 ため息をつく大野さんに潤くん「食べ過ぎた?」とか聞いてますが、潤くん腹に乗っかってるから重いんじゃ…とか思う(笑)。
 それにしても大野さんの手元のケータイを覗き込んでみたり、指でちょっかいかけてみたり、潤くん、…あなたにとって大野智ってどんな存在ですか?(笑)
 前にも書きましたが、私は彼らの間柄についてああだこうだと書くのは控えたいんですよ本当は。本当はね。だって人と人とのつながりなんて、当人同士にしかわからないものなんだからさ。
 でも書いちゃう。そうとしか思えないから書いちゃう。
 …潤くん、大野さんのこと大好きなんですね…!

 あー、もうみんな大野さんに構いすぎだろう。気持ちはわかる。私も構いたいっ。


 そんで潤くんが去ってから大野さんが「マグロが釣りたいな〜」って。
 かんわい…! よかよか、釣りに行ってけらっしゃい。夏はあなたの季節よ! もう暦の上では夏じゃないけど!


 ジャケット撮影のほうはまた別の日だったんですね。

「7色のフレーズ」で翔ちゃんと大野さんのバトンがかわいい。息ぴったりですね〜。

 潤くんが「全て君にする」のところで大野さんに向かって手を広げたのは、あれは単に続きを歌えということなのかどうなのか見極めたくて一時停止とかする私はただのアホです。いや、私は続きを歌えという意味だという確証がほしいのです。そっちのほうが心休まるから(笑)。


 最後の最後、撮影が終わってセットから出てくる嵐さんたち。
 大野さんが、足元の何かが気になったのかな? ちょっと立ち止まって。翔ちゃんがそれに気付いて立ち止まると、大野さんが翔ちゃんの背中に手をやって、翔ちゃんも大野さんの背中に手をやるの。それがすーごく自然な動作でさ、この人たちはずっとこうして支えあってきたんだろうなぁ。



 またリピートの無限回廊に迷い込む映像がきちゃったよ〜。
 まだまだ国立のワイドショーも、時間があればMラバだって見たいお年頃なのに〜。

 この間のしやがれもね!
 股割りにおびえる智の愛らしさ!
 着物を着るときの逆「あ〜れ〜」もかわいかった。でも大野さん、帯の位置が高すぎます。それじゃ女帯だよ〜。

 着物姿といえば、着物に帽子のニノが、明治ぐらいの書生に見えてしょうがない。昔風のカッコが似合うなー!


JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | CD感想 | 23:36 | comments(8) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:36 | - | -| - |
コメント
こんばんは、あかなべさん〜☆

よくぞ書いてくださいました・・・私も今日一日悶々としてしまっていましたよ・潤くん☆
あなたは大野さんの何ですか?!(笑)
いくらちょっかい出しても乗ってこない大野さんの携帯をのぞいて、”また釣りか!!”と不機嫌になる潤くん、まるで・・・・・。。。

それにしても翔くんといい、ニノといい、ここまでメンバーに愛されてるリーダーは他にいないですよね!
| kanata | 2010/09/09 12:24 AM |

こんにちは〜。

私はまだゲットしていなくて(予約はしてある)楽しみにしているんですが、あかなべさんの文章でさらに楽しみになりました!

「嵐ファンをやってるといろいろ麻痺してくる」そうなの〜そうなのよ〜〜〜って思いました・・・。
あれだけボディタッチが激しいアラサーたちは周りではみない。だけど嵐くんたちがやるとただそれは可愛いになってしまって・・。私おかしいぞと思いつつ、楽しいから流されたままなのでした。

ほんとに。大野さんって人は人をひきつけてしょうがないんですよね〜。私は覗き込まれたりしたときに大野さんが見返すのがまずニノちゃん、そして相葉くん、あんまり見返さないのが翔君、潤君って気がしています。

国立のレポも楽しませてもらいました。ありがとうございました。特に大野さんのソロの部分はものすごく引き込まれました。素晴らしい例えで。演出と智くんの歌の観客への影響の違いとか。面白かったです!

もう一度(いえ、一度だけでなく)行けるといいですね〜。そして私もそのレポを読ませてもらいたいです。
| peko | 2010/09/09 9:07 AM |

こんばんは。連日どうもすいません。
でも、思ってたから!同じことPV観て思ってたので、つい送ってしまいました。
潤くんにどうしたって言いたいですよ、ホントに。
とにかくみんな、大野さん大好きだなってことが
よくわかりました。
あかなべさんの感想楽しかったです。
| フクマリメロン | 2010/09/09 8:36 PM |

あかなべさん、こんばんはー!

らぶ れいんぼーのメイキング、私も見ました…!寝転がる大野さんにのしかかる潤くんを見た時、以前潤担のお友達に言われたことを思い出しましたよ…「潤くんは今ドラマの撮影で忙しくてすっごく疲れてるから、必要以上にリーダーにくっつくかもしれないよ」って(笑)潤くんは以前大野さんのこと植物みたいで癒されるって言ってたし…
でも大野さん風邪引いてるときだから、それで構いたくなるのかもしれませんし、単に潤くんが大野さんを好きってことかもしれないし(爆)嵐メンの距離間の近さって、もはや見慣れてるから感覚がおかしくなっているのか(笑)彼らにとっては日常のひとこまであって、特別なことではないのかもしれないですしね。

しかし、あながち癒し効果ってあるのかもしれないですよ。私一昨日まで熱が37°あったんですけど今朝一気に下がりましたもん(笑)いやほんとに!
| 茨 | 2010/09/09 8:44 PM |

kanataさん、こんばんは!

もう、書かずにはおれない…! 滾る思いのやり場に困るメイキングでした…!
ほんと、潤くんに一度問い質したいですよねぇ(笑)。
どうしても…どうしても、あの、………カップルですか? (言っちゃった!)と聞きたくなる雰囲気なんですが、自覚ありますか!? と(笑)

ほんとに愛されてますよね〜。
頼りにもされてるのに同時に甘やかされてもいて、大野さんってほんと不思議なひとですよねぇ。
| あかなべ→kanataさん | 2010/09/09 10:56 PM |

pekoさん、こんばんはー!

今回のメイキングはほんとにお宝映像の連続ですよー!

でもほんと、こんなの見続けてるからどんどん麻痺してきちゃって(笑)。
そうですよねー、まわりのアラサー男子はあんなにもちゃもちゃしてないですよねぇ…。むしろそんなの見たくない(笑)。でも嵐がやってるとかわいいという。
楽しいから流されたまま。ああっ、わたしも同じくです!

大野さんのあの問答無用の吸引力ってなんなんでしょうね。嵐ちゃんたちのみならず、いろんな人を惹きつけちゃってますよね。
覗き込まれたときに見返す人と見返さない人。そうですよね、私もそんな気がします。翔ちゃん潤くんあたりは熱視線を送りすぎなんじゃないかと…(笑)。ニノや相葉ちゃんは自然に笑い合ってる感じがしますー。

国立のレポも読んでくださって、こちらこそありがとうございます。
大野さんのソロに関しては思い入れが強すぎて暑苦しくなってしまいましたが、楽しんでいただけるとうれしいです!
ドームの方も行けると嬉しいんですけどね〜。ありがとうございます!
| あかなべ→pekoさん | 2010/09/09 11:05 PM |

フクマリメロンさん、こんばんは!

いえいえ、あいがとうございます〜。嬉しいです。
そうですよね、ほんとに、潤くんこそどうした!? ですよね(笑)。テレビの前で一人突っ込みまくってましたわたし。
みんな大野さんのこと大好きなんですよねぇ…。智ファンの贔屓目と客観的な事実を混同しないようにと自戒しているにも関わらず、嵐の方がそれを軽く飛び越えていってくれるから困っちゃいます。
| あかなべ→フクマリメロンさん | 2010/09/09 11:10 PM |

茨さん、こんばんはー!

そうなんですよね、潤くんってばソロ仕事が忙しくなると比例して大野さんに甘えたがる…。潤くんファンの方がおっしゃるんだから間違いないんだろうなぁ(笑)。
植物、言ってましたね。癒しなんだろうなぁ…。
でもそうなんですよ、あれが彼らにとっては特別なことではないのか、それとも風邪っぴきの大野さんを気づかって特別に甘いのか、はたまた単に大野さんが好きなのか!?(笑)
もろもろひっくるめての「潤くん…!?」な一幕でありました…。もうほんとどの感覚が「普通」なのかがわからない(笑)。

でも熱が下がったのは…癒し効果でいいんですか!?(笑)
興奮のあまり体が元気になっちゃったとかじゃなくて!?
| あかなべ→茨さん | 2010/09/09 11:17 PM |










この記事のトラックバックURL
http://soumoku.jugem.jp/trackback/708