大野智と嵐が大好きです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< あ り が と う hang up on ! | main | 改めて、あ り が と う … ! >>
Beautiful World雑感
 さてそういうわけでアルバムを頭から聞きました〜。

 以下、感想。まだ聞いてないわって方は御注意を。




 全体の感想としては……、「よかった!」。

 これは喜びと安堵、両方の意味での「よかった」です。
 いやね。わたくしちょっと「Time」にトラウマみたいなもんがあって。

 私がファンになりかけ…というか、これは本格的にはまっちゃうのか自分〜? と揺れ動いていたころに出たのが「Time」だったんですが、…これがどうにも今一つ気に入ることができなかった過去がありまして、ですね。

 今振り返ってみても、「Time」はかなりポップ寄りな曲揃いなんではないでしょーか。
 たぶん今これを初聴きしてたらまた違う印象を持つはずなんですが、とにかくあれが出た当時はまだアイドルの曲を聴き始めて2ヶ月も経ってないころでして、耳がアイドルポップに慣れてなかったんですよ。過去アルバムの曲でもユニゾン主体のポップソングは飛ばして聴いてたような時期でして、ええ、まぁ、そんなときに聴いて、ああ今後この路線で行かれるのなら私は本格的にははまれないかもしれない…こっちは好みの路線じゃない…と、ちょっと落ち込んだのが「Time」だったんです実は。


 結局その他もろもろの魅力に抗えず今やごらんのとおり立派なマニアファンになってしまってますが(笑)、はじめて買ったアルバムでそんな思いをしたもので、実はその後もアルバムが出るたびに期待と同時に一抹の不安を抱え続けてるんですねー。
 ま、今回はリリース発表と同時に「カッティングエッジ」っていうキーワードは出ていたので、そんなに不安はなかったんですが、それでもやっぱりいろんなドキドキはあったの。

 で、聴いてみて、その不安なほうのドキドキは必要なかったー!
 っていう、「よかった!」が、あったんですね。
 だって、ばっちり私の好みの方向なんだもん。
 前回のアルバムもかなり好みの方向だったんですが、今回さらに好み。
 なんだろう…、前回のアルバムで、わたし、「曲そのものはエッジの利いたスタイリッシュな音でも歌詞が泥臭かったりして、そのとんがりきらない感じがアイドルなんだな」…って感じの感想を書いたのですが、今回のはその「とんがりきらない」のがそうでもなかった。要はとんがり具合が前回より鋭い気がする…んだけどどうでしょう。
 だからといってアイドルっぽくないわけでもないんだよなー。やっぱり声…というか、歌い方なんだろうか。上手い下手ではなく、なんつうかこう、そう、声がとがってない。だから、アイドルらしい華やかさはちゃんと活かされてるのかなー。
 とか、書きながら考えてるからテキトーなこと言ってますけど。


 ソロ曲を除く5人曲でいえば。
 とりあえずお気に入りは「まだ見ぬ世界へ」です。ええ、もうダントツで。
 次点「Rock this」、「Morning light」。次々点「Joy」。かな。
 ね、つまりそういうのが私の好みの方向。嵐さんの曲はガシガシどしどしビリビリした激しい曲が好きみたいです。

 ほかアーティストの曲だったら、穏やかな曲だったりメロディラインの美しいゆったりした曲だって大好きなのにねぇ。嵐にはそういうものよりも、音とリズムを求めてるんだろうね。踊ってほしいってのが強いからだろうなぁ。

 
 で、ソロ曲。
 hang up on…が…もう、口から魂が出そう…。
 
 あ、いかん時間切れだ。ソロ曲については明日に持ち越します。

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | CD感想 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 02:01 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://soumoku.jugem.jp/trackback/837