大野智と嵐が大好きです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
ハワイからのおすそ分け1
 去年に引き続き、今年も栗をもらいました。

 今年は潔く栗むき用のハサミを買ったぞ。今年こそちゃっちゃと渋皮をむいてほくほくの甘露煮を作るんだ…!
 というわけで今週末はうちで地味におさんどんです。暇だから栗ごはんも作っちゃう。
 秋っぽいですねぇ。いま、サンマも出てるしね。筋子も出てるしね。梨も出てるしね。旬の食べ物って素晴らしいなぁ。


 さてそんな私の食欲はおいといて。Mステもまだ見てないのでちょっとおいといて。
 NHKで嵐さんの特番ーー!!

 いや、まぁやると思ってた。だってNHKのカメラ、コンサート以外のところでもずっと回ってたもんね?
 だから、きっとやるんだろうなぁと思ってましたけど、やっぱり発表になるとうれしいねー。
 11月か…。遠いな…。とかいってると、あっという間に11月になるんだろうけど。(ところで11月になったらあと一ヶ月で12月じゃんね)(そしたら今年が終わるじゃんね)(早ぇぇ…)

 それはそうと、大野さんの日記が初公開とな?
 おおお…大野さんそれは思いきったことをしてくださる…。まぁ、でもあれだ。大野さんの日記って、確かその日にあった出来事を書き留めておく一言日記でしたよね。出来事を書いておくだけでも読み返したときに当時の気持ちを思い出せる…って、どこかでそう話してたはず。書き始めの時期は日記らしい日記だったのかもしれないけど、とりあえず心情を吐露したポエムとは違ったはずなので、まぁそんなお涙頂戴の演出にはされないんではないか。なので私はひたすら楽しみです。

 つーか、何が楽しみかって、内容よりも大野さんの字ですよ! 筆跡! わたしが大野さんに最終的に撃墜されたのは大野さんの字のせいですんで。大野さんの字に対する思い入れは深いぜ。

 あとどんなものに日記を書き込んでるのかに興味がある。確か手帳ってゆってたよね?
 別に同じの買い求めるつもりはないですが(つーか昔の日記なら同じものはもうないでしょうね)、手帳って人の好みがもろに表れるじゃない。だから興味あるわ。


 はってさて。
 ライブビューイングに行きます…と書いたっきりで更新をサボっておりましたが、宣言どおり行ってきました。
 もう一週間も経って記憶もなかば薄れておりますが、相も変わらず激戦のチケットをいただけた感謝と、楽しい思い出を書き留めとかないと忘れちゃうのがもったいないので感想をば。
 ほんと、大野さんじゃないけどさ、言葉にして書き留めておくと、後から読み返したときに思い出しやすいんですよね。

 というわけで以下、ライブビューイングのレポです。


続きを読む >>
Posted by : あかなべ | コンサート | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
このごろのこと
 iPod nanoが壊れました。
 えー、そんなに古くないぞこれ…買ったのいつだ!? と考えたら、そうそうLOVEの発売直後でした。
 先代のiPodが壊れて、でもアルバムの発売からコンサート参戦日まで時間がなかったんで修理に出す暇が惜しくて、結局新しいやつ買ったの。だからまだ一年未満ですよ。

 どこが壊れたかって。液晶画面が剥がれてきたんですよ。うすっぺらいガラス面が、筐体から接着剤の糸を引きながらメリメリと剥がれてきた。なんじゃこりゃー何をしでかしたんだわたし…てきとーにバッグの中に突っ込んでたのが悪かった? とビクビクしつつApple Store(Apple直営のお店)に持ち込んだら、スタッフさん一目見るなり「あー、バッテリーが膨張してますね」だって。ああーなるほどね! つうかバッテリーそこに入ってんのね…。

 たぶんよくある症状なんでしょうね。その場であっさり新品に交換してもらいました。まぁまだ保証期間内だからそれはいいとして、びっくりしたのがいつ買ったものなのかを聞かれなかったことですよ。買ったお店のレシートも持ってってたのに、なんにも聞かれなかった。修理の予約(が必須なのよApple Storeって)を入れた時点で、私がAppleに登録してた諸々の情報も呼び出されてたみたいですね。便利…ではあるけど、同時にちょっと怖くないか。情報化社会ってそこまで進んでるのね…。

 さてところで。

 ライブビューイングはご縁をいただきまして20日に行けることになりました。
 やー…、ありがとうございます。楽しんできます。

 コンサートも申し込んだ。あとは朗報を待つのみです。


 連休は旧レコの整理をしてて…ってまだかよ! って感じですが、あとちょっとなの。あと8つダビングしたらおしまい!
 で、まぁとにかくやってて、ええーこれって2012年でした!? って思うこと多数でした。大野さんの師範代(これ)とか、姿勢のいいゴリラ(これ)とか。懐かしい…とは思うけど、大笑いした記憶が昨日…は言い過ぎか、半年くらい前のことのように思い出せるんですけど。最近の時の流れが超高速なのがいけないんだ…。

 で、ダビングしてる間に本を読んでいます。
 盆明けにやいやいいってた「国境」は無事に入手しまして、読みまして、ちょうど本日、シリーズ四作目の「螻蛄」まで読み終わったところです。あとは最新作「破門」なんだけれど、さすがにこう立て続けに読むとお腹が膨れるので、ちょっと間を空けようかなぁ。…っていうか、同時進行で読んでた京極夏彦が私の中で再ブームになりつつあって、ちょっとそっちを読み返したい。

 なんで今、京極夏彦か…って、ちょっと前に姑獲鳥の発行から今年で20年だって聞いたからさ。なつかしいわーと思って、何となく手に取ってそのまま文字の海へどぼん。わたしは益田が好きなので、まず手に取ったのは邪魅でしたけれども。で、次に鉄鼠。そして先週末から絡新婦を読んでいる。

 ところでこれっていつの間にか文庫本の分冊版なんてものまで出てるんですね。そうか…まぁ…分厚いもんね。でもなんか普通の分厚さになっちゃうとそれはそれで物足りないというか…(笑)。文庫本のくせに携帯に不適格というあの文庫本アイデンティティの崩壊っぷりがむしろ京極夏彦のアイデンティティって感じがしたのに。

 とはいえ分冊版、便利そうだなー。鉄鼠までは部屋で読んでたのでまぁよかったんですけど、螻蛄を読み終えた今、通勤電車の読書タイムが空いたのでそっちでも京極夏彦が読みたい。となるとさすがにあの分厚いのでは無理だ。
 新書で持っている分は分冊版の文庫を買うにやぶさかではない。文庫になったときに加筆修正されてるし。でもさすがに文庫で持ってる絡新婦を加筆修正されてない文庫で買い直すのもなぁ。本棚が狭くなるわ…。

 とりあえず、新書で持ってるとばかり思ってたのに見当たらなかった百器徒然袋の一冊目を文庫で買ったので、明日からの通勤中はこれを読もう。何度も言いますが益田が好きなので、これはこれでまぁいい選択だ。
 いやぁ、小説っておもしろいねー。
Posted by : あかなべ | 日々徒然 | 23:12 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
でじたりあん…?
 仕事中、とある入力欄にメアドを入力…したはずなのに、気付いたらsatoshiって打ってたあかなべですどうもこんばんは。

 気がついて目が点です。なぜにそれを打った。
 入力すべきはまんま自分の名字だったんですけど。satoshiなんてかすりもしないんですけど。よほど大野さんに飢えてるのか、わたし?

 というわけで、またまたお久しぶりな感じでなんともはや。

 アルバム、発表になりましたね。会社の昼休みにいそいそと店頭予約してきました。伝言板メールが来たのが1時半。お店に行ったのが…2時半くらい? だったんですが、予約番号が147です。みんな早ぇ! ふつーのオフィスなら昼休みももう終わってる頃合いでしょうに!
 つーか、衰えんな人気…と改めて実感しました。

 アルバム…。hit the floorを超える衝撃があるとも思えないせいで、楽しみなんだけどでも去年と比べちゃうんだろうなーとか、思ったりして。あんまりハードル上げると自分が楽しめなくなるからダメなんだけど…わかってるけどhit the floorがね!? いまだに私にhitしてるもんだからね!?
 しかもデジタリアンって。ぴこぴこしたアルバムになるってこと?
 まぁもとaccessファン(だった、実は)の身からすれば好きなジャンルではあるんですけど、嵐さんがそれをやるってのはどうなりますかねぇ…。 



 ハワイのライブビューイングは日曜日にギリギリで申し込みました。
 正直、当たる気がぜんぜんしないせいで現実感がなさすぎてあんまし楽しみ感もないというファンにあるまじき心境でおりますが…。
 行くことについては何の障害もないから申し込んだけど、行ける気は全然しないんだぜ。
 あとまぁ、あれだ。実際のコンサートが後に控えているからね! 楽しみ感はそっちに吸い取られている感がございます。

 あとはレギュラー番組も遅れ遅れでようやっと見てる。
 レコーダー整理のために配線を旧レコにつないでいるので…って、まだやってるのかよ!? って感じですがまだやってるんです。あと一息…ではあるんですが。で、とにかく配線を旧レコにつないでいて、この間うっかり現レコにつなぎ直すの忘れてしやがれを旧レコで録ってしまった。
 いやー、こうやって見るとやっぱりブルーレイってきれいなのね! ここんとこ旧レコいじってはいるんだけど、編集用の小さい画面でしか見てなかったから画質うんぬんは気付かなかった。ふつうに再生するとDVDは画質が粗いのがよくわかるわ。
 早いとこ中身を一掃して旧レコ捨てよう…と決心した出来事でした。修理すれば使えるんだろうけど、2台もいらんわ。私はモノの少ない生活を心がけるのだ。どんだけモノを少なくしようと思っても嵐(と本)という削りようがない聖域を持っちゃってるからね…。削れるところは削らないとね…。

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 日々徒然 | 19:07 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
見つけた!
 黒川博行の「国境」がない! と↓で嘆いておりましたが、ちゃんと新品で見つかりました。…なんやあっさり見つかっとるやないか、と思うなかれ。見つけたけどまだ手には入ってないのだよ。なぜなら目当ての本は札幌にあるらしいのだ。

 行ける範囲内の本屋はくまなく探し、ネットでもしらみつぶしに探し、それでも見つからなかったので、これはもう新品では無理だわと思っておりました。でもダメ元で本屋さんに取り寄せできないかお願いしてみたのです。そーしたら、やっぱり版元にも在庫はないとのことでしたけど、その本屋の系列店に1冊だけ在庫があったようで。ええ、その系列店が札幌だったわけです。
 東京で生まれて海を渡った一冊の文庫本が、私の望みに応えて再び津軽海峡を越えてくるわけか…。壮大な旅だな。

 壮大な旅は日数もそれなりに要するとのことで、手元に来るのは来週でしょう。うう、早く読みたいと思ってるところに一週間は辛い…。
 でも近くの本屋に売ってない以上、他のどの方法をとっても注文から入手までに数日はかかるのです。Amazonの通常発送の迅速さに慣らされるともどかしく感じてしまうけれど、…でもまぁ昔はこんなスピード感だったような気もするな。楽しみな時間が延びたと思って我慢しとこう。

 ちなみにAmazonで古本を注文すればもうちょっと早くには来るだろう。でももはや古本のクセして状態のいいものは定価の倍額がついているのよ。それしかないんなら倍でも払うことにためらいはないけれど、新品が定価で買えるならそっちのほうがいいわい。

 聞けばその「国境」がシリーズ最高傑作との呼び声も高いとのこと。なのに絶版状態ということは、そのうち別の出版社から出るのかなー。
 気長に待ってれば出る気がしますけど、今、読みたいのよ! ということでちょっと前のめりに探してみた。


 小説読みた〜い気分なのに読めないので(アルジャーノンの続きは読んでますけど)、夜は気持ちを切り替えて旧レコーダーちゃんの整理にいそしんでおります。
 で、いそしむのはいいんだけどさぁ、しょっちゅうフリーズしたりエラー起こしたりして、なかなかスムーズにいかない…。でもそうだよ、そもそも調子が悪かったから今のブルーレイに買い替えたんだったわ。そういや2年前のちょうど今ごろ、いつ致命的に壊れるかとびくびくしながら24時間テレビのために空き容量を確保してたな…。(で、24時間テレビのその日の朝にこれはもうダメだと諦めて電器屋に駆け込んだ思い出…)

 今年の24時間テレビももうすぐですねぇ。そういや最近やたら関ジャニをテレビで観るなと思ったわ。
 嵐さん、ゲストで出てきたりしないのかしら。ドラマもないし、出ないかなぁ。
Posted by : あかなべ | 日々徒然 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
最近のこと
 いやぁすっかりサボり癖がついちゃっていかんですね。
 ということで久しぶりのブログです。

 お盆は田舎に帰省しておりました。その間のVSとしやがれはまだ見ていない。
 今年のお盆は雨がひどかったこと。おかげで気温が上がらなくって、昼間以外は肌寒くて窓も開けてられないレベル。………私の夏はどこへ行ったのだ!
 昨日、名古屋に帰ってきたら、こっちはこっちで蒸し暑いしさぁ…。今って夏だったんだな…って思い出したけど、名古屋の夏ってあんま情緒がないよな。

 そんな不完全燃焼のお盆休みでしたけれど、いちおう予定は消化してきました。連日出歩いていたので、休みの間に読もうと思って持って帰った本が読み切れなかった……と思ったらいや違うわ、むこうで一冊買い足して、それ読んでたから持って帰ったのが読み切れなかったんだ。

 ちなみに持って帰ったのは黒川博行「二度のお別れ」、ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」、あと盆休み前から読んでる浅田次郎「君は嘘つきだから、小説家にでもなるといい」もカバンに入れたままだった。むこうで買い足したのが黒川博行「疫病神」でした。で、読み切れなかったのが「アルジャーノンに花束を」。半分くらい残ってる。

「君は嘘つきだから、小説家にでもなるといい」は通勤のお供なので休み中は中断してました。これ短いエッセイ集なんだもの。まとまった時間がとれるお休み中はがっつりした小説が読みたいではないか。
 というわけで「二度のお別れ」から読みまして。…これね…読み始めて早々に気付きましたよね、読んだことあるわ………! と。がっくり。
 でもうちの本棚で見た記憶はないので、たぶん図書館で借りて読んだんでしょう。若かりしころは図書館をよく利用していたんだ。

 で、まぁおもしろかったんですけど、読んだことのあるものを買っちゃったのがショックでな…なんかこう、改めて新しいのを買って、上書きをしたかった。それで地元の本屋に行って、同じく黒川博行「疫病神」を買ったのでした。

 これねぇ、前々から読んでみようかなぁと思ってたけどなかなかタイミングが合わなかったのでした。
 なぜならここ10年くらいでわたしのお話の好みも少し変わってきていたから。「疫病神」はいわゆるハードボイルドです。や○ざが出てきてドンパチ…ってかこの話は素手の方が多いですけど、まぁとにかく暴れる話。昔はそういうのも読んだけど、最近では私の好みもおとなしくなっちゃってそれこそエッセイとか好んで読むように変わっちゃったんですよね…。

 とかいいつつ「疫病神」を読んでたら、いやいやいや私やっぱりこういうの好きだわ(笑)。
 ドンパチ…つーかハードボイルド…つーか、まぁとにかく派手な話。読んでるこっちも振り回されるような小説は楽しいなぁ。
 あ、ちなみにこのお話の主人公(なんだよな?)の名前は二宮さんといいます。無精ヒゲを放置している三十半ばの二宮さん。幸い(?)バリバリの大阪弁なので「ニノのビジュアルで思い浮かんじゃう〜」なんてことはないのですけど。

 ちなみに「疫病神」はシリーズ物の第一作です。んでこれ読んでから知ったけど、このあいだ直木賞をとった作品はこのシリーズ物の最新作だった。黒川博行が受賞したニュースはちらっと見たけど、その頃は興味なかったからスルーしてたわ。そうかこのシリーズの作品だったのか。

 とにかくシリーズ物なら続きをぜひとも読まなくてはならん。ああシリーズ物ってすばらしい。楽しみな本があるって人生のうちでもっとも幸福な時間のひとつ…と思いつつ、田舎では本屋が遠くてすぐには行けないのでとりあえず「アルジャーノンに花束を」を読み始めといて、名古屋に戻ってきてから続きを買うためにわくわくと本屋に行きました。ええ、こっち帰ってきたその足でくそ重い荷物を持ったまま人ごみであふれ返る本屋に突入しましたよ。

 だのに、シリーズ二作目が、ない! 三作目と四作目はある(五作目が受賞作)のに、二作目がどこいってもない!
 なんでー、えらい賞とった作品の、同一シリーズものよ!? シリーズ外のものですら受賞に合わせて重版してるのに、なんで肝心のシリーズ物がないのよー。
 帰宅してAmazonで調べても新品がない…。古本がえらい高い値段で売られている。マジでか。版元に在庫もないってことか。マジでか。

 ああー楽しみにしてる分、落胆というかいらだちが募る…。読みたいよー。読みたいんだよー。
 最終手段は古本ですけど、できれば新品を書いたい派なので、もうちょっと粘って探してみます。ちなみにシリーズ二作目は「国境」です。なにやら分厚い大作だそうです。

 仕方がないので今は「アルジャーノンに花束を」の続きを読む。仕方がないので…っつうか、いやこれはこれでおもしろいんですけどね。まぁなんか150°くらい違う世界のお話よね…。
 そういやこれって今さら感すらある名作ですね。わたしは乱読のようでいてけっこう読むものが偏っているので、名作もいろいろと取りこぼしをしているのでした。本屋に行くたびに思うわ。世に小説って星の数ほどあるよな…。

 久しぶりなのに嵐さんのことをぜんぜん書いていない…。
 実は未だLOVEすら見ていないんだよう。盆休み前は時間がなかったし、以前だったら休み中に見るところですけど今はブルーレイで買ってるから実家では再生できないし。

 旧レコーダーの整理は少しずつですが進んでます。つーかこれやってるからLOVEとか最近のレギュラーを見てなかったんだな。だって整理しながら見ちゃうもんね…やっぱりね…(笑)。
 ちなみに我ながらびっくりしましたけど11年の紅白が旧レコに残ってました。うひーダビングしてなかったのか、わたし。
Posted by : あかなべ | 日々徒然 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
11時間お疲れさまです
 11時間にも及ぶ長丁場の生放送、何はともあれお疲れさまでした翔ちゃん。
 録画しといてあとで見たいところだけ見るとかいう手抜き視聴ですみませんです。

 というわけで「音楽のちから」。

 土曜日はうち帰ってから風呂入ったりごはん作ったりなんだりして、さぁ見るぞとテレビの前に落ち着いたらちょうど走りゲーが始まるところでした。なんというタイミング。ちゃんと参加いたしましたよ。
 でもこれ…これさぁ、毎回思うけど、ゲームに参加してると嵐さんたちが歌って踊る姿なんて見てられないわけじゃない。録画してるんだからいいけど! せっかく生放送で嵐さんが踊っているのに見向きもしないことに妙な罪悪感を覚えるのは私だけか。

 Happiness一曲だけで退場!? と思ったら、嵐さんとしてのステージは別にありました。
 まさかそこで「MONSTER」が出てくるとは思いもせず…。確かに日テレですけれど、なんつーか番組のテーマ的にさ、もっと優等生な曲で来るかと思ってた。思いがけずの「MONSTER」。相変わらず4名様の奥から歩み出てくる大野さんのザ・キング! なお姿にひれ伏したい気持ちになります。

 おっとその前に、15周年記念ということで日テレが持っているお宝映像がざくざくと流れてましたね。あれGとかDとかの嵐でしょ。懐かしいー! これのDVD…今からでいいから出してくれないかしら。大野さんと翔ちゃんのフィーエルヤッペンが見たかとです〜。
(一般のお方が出演してるからDVD化は難しいんじゃないかってご意見を見たことがある)(そう言われると確かに…。テレビ放送とDVDはそのへんの権利関係が別だろうしなぁ)(でも見たい)

 しかし日テレさん、過去映像はたいへんうれしゅうございましたが、大野さんの個人過去映像のチョイスはほんとうにそれでよかった?(笑)
 いや私は嬉しいよ。大野さんてば若かりしころの女装もたいへんキュートだし。でも問題はその後ですよ(笑)。おじさんとのキスシーン…。なんでそこ!? と笑った直後に画面がスイッチして会場の5名様が映りましたが、その背後に見えるモニター、もしかしなくても今までの映像はそこにも映し出されてたよね? おじさんとのキスシーンがあんなでかいモニターにどばーん! と映されているのをバックにした大野さんの気持ちはいかがなもんか…とちょっと笑ったよね…(笑うんかい)。

「GUTS」と「HERO」は、まぁやると思った…けど、そこは「HERO」じゃなくて「風の向こうへ」でもよかったなーっていうか「HERO」若干聞き飽…げふん。

 で、土曜日にリアルタイムで最後まで見てから、「Happiness」より前は翌日曜に再生して見ました。
 でもこれまた時間に余裕があるわけでもなかったので、東北未来旅はとりあえず大野さんとこだけ見てあとはスキップ。すみません所詮は大野ファンで。
 大野さん、はんちゃんみたいな人って好きでしょう。ぜったいこれ現地でそっこー懐いたでしょう! 大野さんがきゃっきゃしててかわゆうございました。魚が本当にうまそうだったし。あわび丸かじりかい!


 で、正直、東北未来旅より楽しみにしていたのがジャニーズシャッフル。だって大野さんがambitious…!
 早送りを駆使して録画を確認してたら、番組の途中のはずなのにいきなり番組のタイトルコールが挟み込まれてきて思わず手が止まる。何だ何だと思ったら大歓声が聞こえてきたので、ああージャニーズだと悟りました。

 そして出てきたシャッフル第一弾の人たち…。
 潤くん、その衣装……!(笑)

 衣装は所属グループごとに統一してあったんですね。シャッフルした状態だと見事にバラバラな感じが返っておもしろい。
 しかし他グループは素材こそきんきらラメラメながらもデザインはわりかしシンプルだった…のに、 嵐さんってばどうしてそれを…(笑)。たいへん派手なニワトリっぷり。潤くん、最初のあの特徴的な舌打ちを担当したせいもあって、何だかとっても魔王な感じでした。白いのに魔王。

 とか衣装にツッコミを入れつつ、わーでも豪華! ゴージャズ〜!
 …ってわくわくしてたら、曲が短いな!
 そりゃ7つもグループ出てるんだから長くは出来ないだろうけどさ。何だったら嵐1曲減らしても…って思った私はこれでも嵐ファン。
 でもほとんどサビだけってのはやっぱし短いわ。しかも会場内を移動してたりしたから、踊ってるところも少ないし。
 それでも「waになっておどろう」を踊る相葉ちゃんの華やかさはさすがのトップアイドルぶりでしたけど。人数少なかったし、横一列で踊ってたのも見やすくて良かったんでしょうねー。長い手足の存在感がバツグンで、あのニワトリ衣装にも負けない相葉ちゃんの華やかさは見事でした。

 しかしうーんこの短さではambitious japanも…と思いきや、これはワンコーラスやってくれましたね。TOKIOのバンドまでついてさらに豪華。城島君が今年の24時間テレビのランナーだからかな。大野ファンとしてはラッキーです。

 で。もともとがユニゾンの曲じゃないんだから、シャッフルにしてもソロパート期待してもいいよねぇ…! と思っていたわけですよ。
 しかも同じグループにいるのが坂本君。こちらも歌がうまいと評判の先輩。こうなったら…坂本君と大野さんのソロリレーって期待してもいいんだよねぇ…!

 曲が短いかも…って思った時点で期待が揺らぎかけましたが、いやいや日テレはやってくれました。
 坂本君と大野さんのソロリレー。きゃー、すてき! お二人ともさすがの貫録!
 ここばっかリピってしまいます。このあとの村上君もある意味すてきなんだけど!(笑)

 いやーよかった。一曲が短いってのがちょっと物足りないけど、内容的には満足でした。ありがとう音楽のちから!

 東北未来旅と福島ライブはこれから編集しながらを見ます。
 それにしてもありがたいことですが嵐さんちょこちょこお出になってるから、編集大変そうよね…。

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 歌番組の嵐 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
大野さんがambitious Japan
 音楽のちからでジャニーズ事務所のお方たちシャッフルのステージがあるそうで。

 大野さん、TOKIOのお曲!
 きゃー、楽しみだ。いい曲ですよねぇ。TOKIOといえば最近のJRAのCMの曲もすごくいい。あれ好きです。

 しかし11時間…。長い…。どうせ録画しといて見たいとこだけ見る方式ですけれど、それにしたって11時間分のレコーダーの空きを確保するという作業がな…。幸い今は暇ですんで、せっせとやりますけれども。

 ちょうど今、溜まりに溜まったDVDはじめ部屋のなかを整理整頓しよう月間なのであります。いや5月からやってるから月間でもないけど。
 5月からやっててまだ終わらないのか? 終わらないんですねぇ。5月は不用品を仕分けして捨てることで時が過ぎた。

 で、今は残ったものの収納方法についてあれやこれや考えているのです。
 まずDVDのディスクは録画物別に分けてファイリングする。…今さらそれかい!? と思われそうですが、ええ、今までやってなかったんです。というか、最初はやってたはずだけど、ディスクの増殖スピードに収納場所がついていけなくて、とりあえず重ねとけ! になっていたのです。だってすごい勢いで増えるでしょう!? 最近は大野さんの出てるものしか焼いてないけど、以前は他メンのソロ出演番組も全部焼いてたし。
 でもそれだと後から過去映像を探そうとしたときたいへん面倒くさいわけです。だから録画物別にディスクをわけて、古い順にファイルに収納していこうとしているんですけれど。これだけ量が多いと意外と時間がかかる。懐かしい映像が出てきちゃったりしてさー、ああこれ見たいと思ってたやつだわーとかなるとその場で再生しちゃったりするしさー(笑)(自業自得)。

 しかも、一番の問題はレコーダーの中にもまだたんまりデータが残っているという。しかも今使ってるブルーレイじゃなくて、12年の24時間テレビ直前に引退したDVDレコーダーのほうに。
 あっちを編集しようとするとブルーレイのコードを引っこ抜いて配線をやり直さないといけないという、高いハードルを前に2年もくじけ続けてきたのでした…。(面倒くさいのは配線そのものではなく)(コードを引っこ抜くためにテレビボードを動かさなきゃいけないことのほうなんですけど)

 でも! それをこそ何とかしなきゃと思って! 頑張っているのですよぉぉ…。

 しかし同時進行でキッチンの整理もやっているので、進んでいるようで進まない。
 キッチンもなぁ…早いとこなんとかしたい。
 別に見た目が汚いわけではない(はず)ですけど、戸棚を開けるととんでもないことになっているのですよ。でも狭いマンションのミニキッチンに設置できる収納グッズって意外と少ないんですね。探してみて実感した。わたしは奥行き40cm以内のラックがほしいのに、どいつもこいつも45cmくらいありやがって。そんなに広いキッチンなら至れり尽くせりの収納ラックなんかいらんだろーーー!(八つ当たりです)(45cmも別に広くはないだろう)

 そんなこんなでキッチンの整理も進まない。
 7月中にはなんとかして、8月は快適なお部屋で過ごせるようにしたいわー。

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 日々徒然 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
今年もきたー!
 待ってましたアルバム&ツアー!!

 9月にハワイがぶっ込まれてきたおかげでほんとに今年はどうなるかと…。
 しかも上海とシンガポールでワクワク学校のパブリックビューイングがあるってそれもしかしてアジアツアーの発表とかあるんじゃ…とか土曜日の嵐会で話してまして、ひぃありえる! と戦々恐々としておったのです。
 いやー無事に国内でのアルバムツアーでよかった!!

 よかったと思いつつ、同時に怖いんですけどね。だって当たる気がしない…!
 公演日が増えて約4万人の動員増になった…といっても正直焼け石に水のような気がしてたまらん。
 わたしの名義は去年当たってるし。それが4年ぶりだったから、次がまた4年後だよ☆とか言われても驚かないよ。
 あーーでも行きたいんだーー。行きたいんだよーー。
 全身全霊の願いを込めて、ナゴヤドームで申し込みます…。

 でも申し込み方法の発表が8月下旬でしたっけ。まだちょっと先の話だなぁ。ツアー発表は嬉しいけど、ハラハラする期間が長い…。




 あと、ちょっと話題が遅いですけれども。
 広島の大瀬良が、理想の人間像はというインタビューに「大野さん」と回答していた…というのを人様のtwitterで読みました。

 おおーっ、意外なところからきましたね!
 女性アスリートの「ファンです」ってパターンはけっこうありますけど、男性アスリートが理想とか尊敬とかいうカテゴリーでアイドルの名前を出すって珍しいんでないか。
 嬉しいですねぇ…。

 しかも大瀬良だってのがまた嬉しいわ。いい人なんですよね。
 去年のドラフトがまた感動的でさぁ…。とても「人の縁」を感じさせる出来事があったのよ。

 プロ野球のドラフトってのは、プロ入りを志望する選手に対し12球団が「こいつがほしい」と指名する制度なんですけれども、1位指名に限っては指名が複数になると球団側がくじ引きで決めるんです。選手のプロ人生を左右する大決定なのに、選手側に指名権はないというなかなかアレな制度です。
 で、大瀬良は去年のドラフトで複数の球団から1位指名を受けて、その複数球団の中で見事当たりくじを引いたのが広島だったんですけど。
 その、当たりくじを引いたのが、大瀬良を高校時代から見続けてきた担当スカウトさんだったんです。これは異例のことで、球団の社長とか監督がくじを引くのが普通です。まぁ球団にとっても大決定なので、お偉いさんが出てくるもんなんです。
 でも広島はここ数年どうもお偉いさんみんなくじ運が悪いってんで、ここはずっと大瀬良を見続けてきたお前に託す! ってことで担当スカウトが担ぎ出されたんだと。そして見事に当たりくじを引き当てた。

 いやー、担当スカウトの呆然とした顔がおもしろかっ…いや感動的でしたよね。
 大瀬良としても広島に入りたかったそうで(ドラフト前に言っちゃいかんという規則があるのでドラフト後に言った)、あのスカウトさんなら自分を引いてくれるかもと思ってたって。

 くじで選手の運命が左右されるだけあって、後味の悪さを残す年もあるのがドラフト会議。でも去年の大瀬良の指名は相思相愛、望み望まれての入団ということで、心温まる出来事だったのでした。

 しかし、そうか大瀬良か。
 去年はマエケンがVS嵐に出てたじゃないか。大瀬良もどうですかフジテレビ…!
 いや、でも大瀬良はまだ新人だからピンで出るのは早いか。だったら優勝だ。優勝してチームでゲストでどうか。ほんとに今年なら行けるかもよ!?

JUGEMテーマ:


Posted by : あかなべ | 大野智 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ワクワク大阪二日目のわたし的記録3
 死神くん、お疲れさまでした!!

 ほとんど感想を書けないままで最終回を迎えてしまった…。
 でも今回も大野さんはすてきなスタッフに囲まれてお仕事できたようで、嬉しいです。
 監督さんのtwitterを読んではでへでへしていた…。ほんと、また一緒にお仕事してくれるとうれしいなぁ!

 5月はばたばたしていたせいで流し見しかできなかった回もありますので、ちょっと編集がてらもう一回見よう。
 これで大野さんまたしばらくレギュラー番組にしかお出にならないもんね。時間ならあるもんな…!


 そしてようやっと! LOVEのDVDが発売!!

 また初回特典がDVDだけなのかよっつうか待たせたわりには特典少ないな!? とかまぁいろいろありますけれども。
 とりあえず「hit the floor」が拝めればそれでようござんす。他の何に不満が残ろうが、「hit the floor」のために6,000円だかなんだか払う覚悟はあるんだぜ。
 これで「hit the floor」のカメラワークがアレだったりしたらアレですけども、まぁ現時点でああだこうだ言っても仕方がない。

 ところで気になるのが振り付け映像なんですけど…。なにそれ期待してもいいもの? popcornだったら大野さんが振り移ししてるところを期待したんですが、LOVEだと大野さん振り付けのものって「hit the floor」と「サヨナラの後で」だけですよね。大野さんの振り移しシーンは期待できませんよね。
 ただの練習シーンだったとしても尺が長ければおもしろいシーンが撮れてそう…というか無駄にカットされてなければ彼らがいるだけで自然とおもしろい映像になってるだろうけど、…その無駄なカットを「そんなことしないだろう」とは思えないこの不信感(笑)。まぁ…これも現時点でああだこうだ言っても仕方ないですけど。


 そしてもう多すぎて追っかけることを諦めているCMですが、メッツがなんかぶっ込んできた。
 兄弟!? 兄弟だったの、あの二人!?

 兄弟の二文字を見てとっさに浮かんだのが雅樹兄ちゃんと弟智でしたけど、でも冷静に考えたら大野さんが兄ちゃんだわな。そこはね、年齢順に…。
 でもきっとファンの多くが雅樹兄ちゃんのほうがしっくりくると思ってそう(笑)。大野さんはどう考えても弟がいるようには見えない…。
 兄弟がいるかと何番目の子かとかって、やっぱり性格に影響するもんなんだろうなぁ。自分ではあんまり思わないもんだけど、人を見てると確かにそれっぽいわと思うもんね。



 さてどんどん今さら感を増していってますが、続きはワクワク学校大阪の感想です。もはやレポとは言い難い、ただの感想。



続きを読む >>
Posted by : あかなべ | コンサート | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ワクワク大阪二日目のわたし的記録2
 ところで私がブログをサボっているうちに嵐さんたちからは次々と新しい発表がありますねぇ。

 ワクワク学校のパブリックビューイングですか。しかも上海とシンガポール。
 大多数のファンが思ったでしょうけれど、なぜそこで?
 いや、海外でやること自体は別に不思議ではないよね。特に上海やシンガポールなら現地のファンも多いのでしょうし、納得です。
 ただ、日本飛び越えていきなり海外ってところに何がしかの意図を詮索してしまうのも致し方ないではないか。15周年記念アジアツアーへの布石なんじゃないかとかさぁ…。まぁそれやったところで私は行かないから、やるならどうぞとしか思わないんですけど、それだったら国内ツアーのスケジュールはどうなってんですかー!? というのは気になるところ。

 あとピカンチ新作。
 きゃー、映画!! と思ったら、東京一ヶ所のみでの公開って! 動員25万人って!!
 まぁ映像作品ならなおさらにDVDでもいいや…。トライはするけど、正直チケット争奪戦に勝てるとは思えないんだぜ…。
 そもそもわたしピカンチ観てないし。(目を逸らす)(すみません)


 と、まぁ嵐さんたちの今後の予定は続々と発表になっているものの、私のスケジュールには直接影響のない話ばっかりでな。
 いいんですけどね、別に。嵐さんがこっち向いてくれないとか、ついていけないとか、そういうことは思わんです。私は私のペースで生活していく中で、行きたいな見たいなと思うものだけ選び取っていけばいいだけのことだ。…そこですっごく行きたいな見たいなと思ってるものに行けない見られないってのは勘弁してほしいけどな!! 


 さてそういうわけで(?)続きはワクワク学校のレポです。



続きを読む >>
Posted by : あかなべ | コンサート | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0)| - |